地震対策『制震ダンパー』

住宅・リフォーム営業部 杉山です。

 

現在、三島市梅名で建築中の建物で地震対策として制震ダンパーを採用している物件

 

があります。

 

木造住宅の地震対策は大別して3種類に分かれます。

 

『耐震』・『制震』・『免震』です。

 

それぞれにメリットのあるなか、お薦めが『耐震』プラス『制震』です。

 

鈴木工務店は耐震等級3の耐震設計を基本としています。

 

そこに制震ダンパーをプラスする事により安心して住まう住まいを

 

ご提案しております。

 

『制震』は建築コストに対して安価に建物の安全性を高め

 

る技術です。

 

特徴としては壁に入った地震エネルギーを「吸収」して揺れを抑えてくれる。

 

当社の制震ダンパーは施工コストも低価格であることです。

 

P1010934

 

鈴木工務店が採用している住友理工のTRCダンパーは『特殊粘弾性ゴム』をダンパー

 

に入れ伸び縮みさせることで、地震エネルギーを熱エネルギーに変換、吸収させま

 

す。

 

P1010933

 

 

この住友理工の制震・防振技術は新幹線や在来線の鉄道車両に採用されている

 

防振ゴムや高層ビルなどに採用されている制震ダンパーなど信頼性があり、

 

導入するお客様にも施工する私たちにも安心感を与えてくれます。

 

P1010935

 

 

ご計画の際には『制震ダンパー』ぜひご検討ください。