木の芽雨、木の芽時

あれもこれも担当の千葉です。

 

敬愛する山本健吉翁の著書によれば、春の季語に『木の芽雨(このめあめ)』

というのがあります。木の芽が張る(春)頃に降る雨、春の雨のことだそうです。

 

そんな木の芽時の我が家の庭の仲春です。

 

37AF1D9C-1051-4989-AE99-BAB386BA61C2

 

木蓮がほぼ満開となりました。SNSでどなたかが、木蓮の蕾はみんな北を向くと

書かれていたので注意していましたが、その通り、みんな北を向いていました。

他所で見た木蓮もそうでした。

 

4CDAC062-507E-4364-886C-D47D6B67A536

 

木の芽時と言うように、たくさんの木の芽、蕾が春を謳歌する時に備えて

準備万端です。

 

9AD53CF5-7BA1-415A-877C-AD03F4896D71

石楠花(シャクナゲ)に、

 

5604D459-B0EA-4CE6-A1FD-31EAA8FE6C40

木瓜(ボケ)。

 

6A486AE2-CB71-4A66-9C9F-40B137DFC0B3

杏(アンズ)はじきに花開きそうですし、

73D54F57-B663-4ED6-A10A-459174336ABE

 

F75CDCA6-D3C1-42C6-A573-80AE0FADBC12

雪柳(ユキヤナギ)は蕾が開き始めました。

 

もう、いつ春に呼ばれても大丈夫そうですね。

 

 

番外編、畑周りの風景です。

 

7B596805-B0B2-4043-9232-E70B5EBA9E28

巻かず終いで放っておいた白菜にも花が咲きました。

小松菜も花開きそうです。

F3FC6336-A2C8-4492-B6A1-B4AA1250CA90

 

7D7F9420-FBC7-4BF4-867F-DC80DCE8A2C4

こうして見ると、みんなアブラナ科、菜の花の仲間だとわかります。

 

65BEE1B6-4361-4779-9ED6-6389219987F7

蕗の薹(フキノトウ)も放置していたら、小さな小さな花が満開です!

AD64113A-E438-4C59-87B3-C6E3CA4D7B2D

 

余談ですが、、、。

89A8CD5E-4066-4275-A960-1715953E674B

野蒜(ノビル)かと思い、卵かけご飯に併せて見ようとしましたが、味が違います。

美味しくありません。どうやら違ったようです。妻に話したら、毒のある水仙の

根だと大変だということで、暫く様子を見ましたが何ともなく済みました。

5E1D2446-DDC9-4053-9A6A-27A7CF92B1B1

 

素人が安易に手を出すのは危ういことだと再認識、くわばらくわばら、でした。

それにしても、相変わらず毒味役にならない私の胃袋でした。ちゃんちゃん。