熟れ行く春の花たち

あれもこれも担当の千葉です。

 

ここ三島では、桜の季節が済んで益々春が熟れ、初夏に向けて自然界の準備が

進み始めたようです。ツバメが巣作りの適地を探して飛び交う姿を見かける

ようになりました。

 

IMG_0592

(拡大したため画像が粗くなってしまいました)

 

咲いても散っても華やかな桜はどうしても注目を集めてしまいますが、3月末

から4月上旬にかけて、桜の時期を通して咲いていた花たちを、脈絡もない

羅列になってしまい恐縮ですが、少しまとめておこうと思います。

 

2018032509332300

馬酔木(アセビ、アシビ)

 

2018033112082400

石楠花(シャクナゲ)

 

2018032807084000

木瓜(ボケ)

 

2018032807095400

小米桜(コゴメザクラ)

 

2018032807102500

雪柳(ユキヤナギ)

 

2018032810000005

ミモザアカシア

 

2018032810000002

花蘇芳(ハナズオウ)

 

2018040610000004

連翹(レンギョウ)

 

2018032870000006

花韮(ハナニラ)

 

2018040114235500

蒲公英(タンポポ)

 

2018040610000001木瓜バラ

木香薔薇(モッコウバラ)

 

2018040700000003

チューリップ

 

2018040700000005

映りが悪くて申し訳ありません。花水木(ハナミズキ)

 

2018040700000006

ハルジオン

 

2018040700000011

満天星躑躅(ドウダンツツジ)

 

2018040700000016

山吹(ヤマブキ)

 

2018040730000008

三葉躑躅(ミツバツツジ)

 

2018040307093800

牡丹(ボタン)

 

IMG_0489

ムスカリ

 

2018032870000007

菫(スミレ)

 

2018040220000010

紫露草(ムラサキツユクサ)

 

2018040700000010

紫蘭(シラン)の蕾

 

IMG_0565

藤(フジ)

 

IMG_0568

菖蒲(ショウブ)

 

漢字にしてみると面白いですね。

 

また、こうして並べてみると、黄色の花は春の盛りに多く、初夏に近づく

と紫色の花が多くなるように感じられます(全く科学的な根拠あって書い

ている訳ではありません)。最後までお付き合いありがとうございました。