初夏五月の花たち・拾遺集・その2

あれもこれも担当の千葉です。

 

 

IMG_1441

前回は、藤の花の幻想世界を求めて出掛けたあしかがフラワーパークの

ローズガーデンがとても素敵だったことをご紹介しました。五月が過ぎて

しまい、梅雨入りまでしてしまいましたが、あしかがフラワーパークで

目にした、素敵で珍しい花たちを備忘録を兼ねてアップしておきます。

 

オダマキにもいろいろな色があるのですね。

IMG_20180512_171729

 

IMG_20180512_171750

 

カラーは白、とのイメージだったのですが、ピンクのカラーも華やかであり

ながら気品があって素敵でした。

IMG_20180512_172738

 

IMG_20180512_172727

 

妖精のように可愛らしい花たち。

 

IMG_20180512_184716

フクシア。

IMG_20180512_184919

 

フレンチ・ラベンダー。うさぎの耳のようにも、妖精のリボンのようにも

見えます。

IMG_20180512_181724

 

これはギガンジウムでしょうか。個性的な形です。

IMG_20180512_181800

 

IMG_20180512_182349

萼紫陽花の仲間かと思いきや、オルラヤと言う名前のセリ科の花だそうです。

IMG_20180512_182342

 

 

IMG_20180512_182104

アリウムという名前だそうです。夏の花火がちょうど開いたような花。

IMG_20180512_182204

 

ねむの木とすすきを足して二で割ったような花。名前は失念してしまいました。

IMG_20180512_182012

 

 

木の花も素敵なものに巡り会いました。

 

IMG_20180512_174758

ベニバナトチノキはマロニエをピンクにしたようです。

IMG_20180512_174548

 

IMG_20180512_175801

ハシドイはライラックと同種のモクセイ科の樹木だそうです。

IMG_20180512_175749

 

IMG_20180512_184546

エゴノキの樹陰は、むせ返るような芳香に包まれていました。

IMG_20180512_184624

 

 

出口の売店でも素敵な花たちに遭遇しました。

 

IMG_20180512_185836

紫陽花の園芸種で『銀河』と言うのだそうです。二色とも素敵です。

IMG_20180512_185747

 

IMG_20180512_185444

このサボテンの名前も失念。今流行のエア・プランツのようでもありますが、

何とも奇妙、或いは少し不気味です。

IMG_20180512_185454

 

IMG_20180512_190408

最後もサボテン。こちらは小さくて可愛いサボテンです。

IMG_20180512_190345 (1)

 

あしかがフラワーパーク、藤だけでなく、薔薇も他の花たちもとても見応えの

ある公園でした。