スタッフブログ すずのね

シリーズ・徒然読書録~高橋真理子著『人はなぜ星をみあげるのか 星と人をつなぐ仕事』

あれもこれも担当の千葉です。

 

読書は好きで、常時本を持ち歩く癖が付いてしまいましたが、読み方は極めて

大雑把、何かしら記憶か心のどこか片隅に蓄積されていれば良いという思いで、

雑然と読み流してしまいます。その意味で、読者の皆様には退屈でご迷惑かと

も恐縮しつつ、ブログに読書録なるものを記してみるのは自分にとって有益か

も知れないと思い、始めてみました。皆様のご寛恕を請うところです。

 

徒然なるままに読み散らす本の中から今回取り上げるのは、高橋真理子著、

『人はなぜ星をみあげるのか~星と人をつなぐ仕事』(新日本出版社刊)。

 

2017022600000009

 

オーロラの降るアラスカの原住民の写真を撮る星野道夫さんに憧れ、宇宙と

人との繋がりに興味を持ち、大学で地球物理学の世界に飛び込んだ著者が、

公務員としてプラネタリウムを担当したら、どんな活動の数々を紡ぎ出すのか。

 

星を眺めながら考えた言葉を一句ずつ、一句ずつ公募し、皆で作詞した宇宙連歌

に財津和夫が曲をつけ、平原綾香が歌った『星つむぎの歌』。90分で地球を

一周してしまうため、一日に16回の昼夜を繰り返すスペースシャトルの宇宙

飛行士の土井隆雄氏が目覚まし曲として宇宙に持って行きました。

 

2017022600000012

 

『見えていても心がなければ見えないと言ったのは星の王子さま。見えないけれど

確かに存在するものを詠ったのは金子みすゞ。見えないものに価値を置ける社会

に惹かれると言ったのは星野道夫。見えている星はほんの一部。見えない星の方

が圧倒的に多い。』目の見えない人、視覚障碍者にも宇宙を、星を、プラネタリウム

を知って欲しい!と始めたプロジェクトは、星空の存在やその奥にある宇宙の

イメージを持って貰おうと、言葉や音楽のみならず点字も駆使。これが点字も

併用したユニバーサル・デザインの絵本『ねえ おそらのあれ なあに?』に

結実します。

 

『戦場に輝くベガ~約束の星を見上げて』は、『高度方位暦』の存在を知り、

戦争経験者にインタビューして創り上げたプラネタリウム番組です。戦時中、

天文航法に必要な『高度方位暦』の計算に従事する久子と、それを用いて敵地

へと爆撃機を導く偵察員の和夫。沖縄戦出撃前に和夫が久子に送った最後の

手紙。『星が武器としてではなく、希望の光として輝ける日が来ることを祈

っています。』

 

これが反響を呼んで、メイキング・ストーリー、『終わらない物語』も制作。

テーマは、『男と女、加害と被害、当時と今、全ての対を引き裂くのが戦争で、

全ての対を繋ぐことができるのが星』。

 

2017022600000013

 

プラネタリウムに行きたくても行けない人たちには、『出張プラネタリウム』や

『病院がプラネタリウム』を実現させてしまいます。

 

著者のその素晴らしい感性と、驚くべき企画力と、凄まじい行動力にはただただ

頭が下がる思いです。

 

 

2017031800000001

 

折しも、この本を読んでいる時に、盲導犬支援のためのチャリティ・プログラムが

あって参加させて戴きました。その中で、ほんの少しの支えがあれば、視覚障碍者

の方でもコンサートに行って音楽を楽しめることも知りました。また、視覚障碍者の

ケアをしている看護師の方が話されたことがとても心に沁みました。それは、

視覚に障害を負った方の心理的な状態は時間と共に変わって行く。障害者の方が、

ショック⇒否定⇒混乱・怒り⇒努力⇒受容の、どの段階にいるかで、適切な対応・

声の掛け方というものも変わってくるということでした。

 

FullSizeRender

(盲導犬育成機関、富士ハーネスさんのHPより)

 

以前、所属するロータリー・クラブでお呼びして盲導犬のデモンストレー

ションをして戴いた時のことですが、盲導犬にとっての制服である

『ハーネス(綱)』を着けている時の犬は、何事にも動ぜず命じられた事

を守り通す『オトナ』なのですが、ひとたびハーネスを脱げば、撫でて

あげれば喜びはしゃいでこちらの顔を舐めてくるような遊び好きな

『甘えん坊』であることにビックリしたことがあります。それ程の

『プロフェッショナル』だということですね。

 

とはいえ、街で盲導犬に出会ったら、目をあまり見つめないようにし、

盲導犬の気を惹くような(気を逸らせてしまうような)ことをしないで

あげて下さい、とのことでした。

 

 

2017032340000001

 

少し脇に逸れてしまいました。東日本大震災のあった3.11の夜、大停電の

東北地方の夜空は満天の星空だったそうです。著者に寄せられた被災者の言葉

は、星と人との繋がりを強く感じさせるものであると同時に、深く胸を撃つ

ものがあります。最後にこの言葉たちを列記して終わります。

 

ー とんでもない満天の星空が広がって、それを見た瞬間、『あぁ、私、生きて

いる・・・』

ー ふと、あの夜の星空は亡き人が道に迷わず天国へ行けるようにと導く明りだ

ったのではないかと思った。

ー こんな大変な時なのに、思わず『星がきれい』と思ったことを覚えています。

人は、どんな困難な状況の中でも、輝く星を見て『美しい』と感じる心が残っ

ているもんだなと自分でも驚きました。その心が残っているうちは大丈夫かも

しれないと思いました。

ー 見たこともない美しい星空に、ためていた涙が一気にあふれだした。仙台は

こんなに星が見える街だったんだ。子どもはこんな時でも、それに気付くこと

ができるんだ。・・・同時に、こんな悲惨な状況でも、美しいものを見つけら

れるすてきな子どもたちを、何としても守っていかねばと、弱気になっていた

心に活を入れられた忘れられない夜だった。

ー あの夜は、星が怖いくらい光っていた。哀しかったけれど、停電であかりが

なくても星はすごい光っていた。そういう存在になれたらいい。

 


お別れの季節~マジョルカ焼き

あれもこれも担当の千葉です。

 

いよいよ今日は3月末日、日本では多くの場面で年度が切り替わる日です。

そこに別れや新しい出逢いも生まれ、ものごとが動き、切り変わる季節となり

ます・・・・と、真面目ぶった書き出しとは裏腹に軽薄な話題です。

 

先日、物置の片付けをしていたら出て来たマグカップ。

 

2017012312250000.jpg

 

カリフォルニア駐在時代に輸入雑貨屋さんで買い求め日用に使っていたもの

だったので、とても懐かしく、喜び勇んで職場で使い始めました。が、ひと月も

経たぬうちに手が滑り、、、

 

2017032307305501

 

ご覧の通り。辛いお別れとなってしまいました。長い永い別離の後にようやく

晴れて再び巡り会えた恋人を忽ちのうちに失ってしまった気分、と言っては

大袈裟ですが。昨年やはり職場で使っていたお気に入りの有田も手から滑り

落ちて失くしてしまっています。形あるものの宿命ですね。

 

2013051318390000

 

さて、この駐在時の思い出のマグカップは、ヘレンド・ヴィレッジ・ポタリー

というハンガリーのブランドのもの。

 

2017012312250001.jpg

 

ハンガリーの陶器では私の大好きなヘレンドが有名ですが、ヴィレッジ・ポタリーは

同じヘレンドという名前を冠しながらも、これとは全く別のブランドで、伸びやかで

陽気で明るい大柄なデザインの肉厚な陶器、マジョルカ焼きのブランドです。

 

2017012320000001

 

 

2015102715460000.jpg

 

ハンガリーにはもう一つの有名なブランドのジョルナイがありますが、スズキ

自動車がハンガリーに進出しているご縁か、グランドホテル浜松さんに、

ジョルナイの展示コーナーがありました。

 

2017012320000002

 

残念ながらハンガリーの二大ブランドは、ドイツの磁器のようにカオリン質の

高い硬質磁器ではないのですが、デザイン性に優れていて大好きです。それに

しても東ヨーロッパでラテン色の強いマジョルカ陶器というのは珍しいなと

常々不思議には思っていたのですが、先日偶然にその訳が判って長い間の疑問

が解けました。

 

2017030230000001

 

サントリー美術館で開催されていた野依利之氏のコレクションの展示で、

ルネサンス期にイタリアで確立されたマジョルカ焼きがフランス、オランダ、

イギリスへと伝搬して行き(その過程でドイツ、東欧へも)、多くの現代の

ヨーロッパ陶磁器の基礎となったことを知りました。

 

2017030210000019

 

2017030210000008

 

オランダのデルフト窯は、鮮やかな藍色のデルフト・ブルーのイメージしか

なかったのですが、18世紀にはまだこうしたマジョルカ柄が主流だったと

いうことにビックリです。

 

2017030210000035

 

さあ、旅立つものをしっかりと見送り、明日からは四月。新たな仲間を迎えて

新たに成長発展する時です。

 


女心は春の空?!

あれもこれも担当の千葉です。

 

先週末から雨が多くなっています。3月の雨は一雨ごとに暖かさを伴うと言われ

るのに、このところは雨の後も冷えびえとして、開花した桜の進み具合が遅く、

富士も雪化粧が厚くなり真っ白です。

 

そこでふと昨年秋の日経新聞の文化欄の『現代ことば考』にあった言葉を思い出

しました。

 

2016101114370000.jpg

 

『女心と秋の空』は、変わり易いものの代名詞として女心と秋の天候をあげて

いますが、バリエーションが豊かで、江戸時代には『男の心と秋の空』と言わ

れていたとか、女心は段々と暖かくなるので『女心は春の空』だと言う人もいる

と書かれてありました。このところの『春の空』は変わり易いですが、一向に

暖かくならないですね。

 

 

なかなか進まぬ春のせいか、庭の花たちは例年より遅れています。

 

2017032700000005

 

小米(コゴメ)桜、ようやく開花も、まだまだ蕾の多い状況です。

 

2017032700000001

 

雪柳と連翹(レンギョウ)は一面を覆うような満開にはまだ少し時間が掛り

そうです、

 

2017032700000006

 

2017032700000003

 

花杏は7分咲き、石楠花(シャクナゲ)がようやく一輪開花です。

 

2017032700000011

 

2017032700000012

 

ふとまだ葉も出ない梅の枝を見遣ると、可愛い梅の実が付き始めていました。

 

 

さて珍しい花を二つご覧にいれましょう。何の花かお判りになるでしょうか?

 

2017032700000007

 

こちらはなんとブロッコリーの花です!

 

2017032700000008

 

 

そしてこちらは、、、

 

2017032700000009

 

白菜(ハクサイ)の花です。

 

2017032700000010

 

いつもは花が咲くまで待たずに収穫されてしまうため、私も初めて見ました。

 

 

満開の桜はもう少し先のようです。寒暖の差が大きいのでどうぞご自愛下さい。


三島E様邸お引き渡ししました

前回のブログで、立柱式の案内をした三島のE様邸のお引き渡しをしました。

プラン限定の「エコルフα」という規格住宅で、基本仕様は限定されていますが内外装ともお施主様好みの色の組み合わせが可能です。

170318_0001

 

170318_0015

 

170318_0020

実は、撮影時点では、照明はついていませんでした。

 

各種機器の取扱説明中です。

IMG_5293

 

6月にはお子様が誕生予定です。

これからもお幸せに。

住まいのメンテナンスが始まりますが、E様、これから長いおつきあいになりますのでよろしくお願いします。

 


夜が長い最後の日

あれもこれも担当の千葉です。

 

 

春分の日を前にいよいよ陽射しが暖かくなりました。そんな暖かな光を一杯に

浴びて、地鎮祭に伺ったお宅の庭には土筆(つくしんぼう)が仲良く並んでいました。

 

IMG_7209

 

雛祭りに合わせて開花した我が家の木蓮も、満開を過ぎてその厚い花弁が茶色

に変わって散り出すものが出て来ました。

 

IMG_7205

 

IMG_7206

 

続いて足下に目をやれば、陽当たりの良いところにはいつの間にかハナニラが

群れを作っていましたし、

 

IMG_7213

 

陽当たりの良くないところにひっそりと顔を出した蕗の薹が、すっかり花に

変わっていました。

 

IMG_7211

 

視線を上げると、昨年、一昨年より一週間ほど遅れ馳せながら、花杏(はなあんず)

がチラホラと花開き始めました。木蓮が咲き杏が咲くと暖かくなると老母が良く

言いますが、今年も何とかお彼岸に間に合わせたかのようです。

 

IMG_7204

 

少し気が早いかとも躊躇しましたが、桜の開花を促さんと思い切って玄関の花御札

も変えてみました。

 

IMG_7214

 

春爛漫を満喫できる日も遠くなさそうです。