スタッフブログ すずのね

伊豆の国市にて地鎮祭

新築とリフォーム担当の花崎です

 

 

少し前になりますが、

 

伊豆の国市にて I 様邸新築工事の地鎮祭が執り行われました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

厳粛な式が終わった後、

 

この日のお天気のようにあたたかいご家族の雰囲気が印象的でした。


シリーズ・徒然読書録~磯田道史著『無私の日本人』

あれもこれも担当の千葉です。

 

読書は好きで、常時本を持ち歩く癖が付いてしまいましたが、読み方は極めて

大雑把、何かしら記憶のどこか、心の片隅にでも蓄積されていれば良いという

思いで雑然と読み流しています。暫くするとその内容どころか読んだことさえ

忘れてしまうことも。その意味で、読者の皆様には退屈でご迷惑かとも恐縮し

つつ、ブログに読書録なるものを記してみるのは自分にとって有益かも知れない

と思い、始めてみました。皆様のご寛恕を請うところです。

 

徒然なるままに読み散らす本の中から今回取り上げるのは、磯田道史著『無私の

日本人』(文芸春秋刊)。ある会合でご一緒した御恩のある方から、面白いから

読んでみなさい、と貸して戴きました。

 

2017100130000001

 

著者の磯田氏は、史学の専攻で、静岡文化芸術大学の准教授をされていますが、

むしろ映画化もされた『武士の家計簿』の著者という方が判り易いでしょうか。

江戸時代の社会・文化・思想、人々の生活の在り様を語るのに、小説の手法を

用いているのは『武士の家計簿』と同じです。小説は本来の史学的主張を説く

ための手段であるのですが、その小説の筆力が立派で読み物としても十分楽し

めました。(、や。の句読点がやたらと多いことと、ひらがなが多いのが難点で

はありますが。)

 

出だしはこうです。『みちのくの春はおそいが、いったん野に若草が萌え、桜

の木に花芽がつくと、一気に、桃の花びらがほころび、山が笑う。堰をきった

ように、清らかな水がほとばしり出て、田あぜの用水を滔々と流れ、村里をう

るおす。うららか、といえば、これほど、うららかな日もあるまい。』

 

こんな小説風の文章の中に、当時の社会を現す表現が鏤められています。

 

『江戸時代、とくにその後期は、庶民の輝いた時代である。江戸期の庶民は、

親切、やさしさ、ということでは、この地球上のあらゆる文明が経験したこと

がないほどの美しさをみせた。倫理道徳において、一般人が、これほどまでに、

毅然としていた時代もめずらしい。』

 

『江戸時代の家意識とは、家の永続、子々孫々の繁栄こそ最高の価値と考える

一種の宗教である。この宗教は「仏」と称して「仏」ではなく祖先をまつる

先祖教であり、同時に、子孫教でもあった。・・・室町時代までは、家の墓所

を持つことはおろか、墓に個人の名を刻むことさえ珍しかったが、江戸時代

になると、「墓を守る子孫」の護持が絶対の目的となった。』

 

 

今回著者は江戸中期から末期に生きた3人を取り上げ紹介しています。

 

重い宿場の負担により人が減り更に負担が重くなるという負のスパイラルに

苦しむ仙台藩吉岡宿で、数人の商人が身代を賭けて大金を集めて藩に貸し、

その利息を宿場に還元する仕組みを作り宿場の離散を防いだ、穀田屋十三郎

(こくたやじゅうざぶろう)。

 

ほとんど著作を残さず、無名ではあるが、荻生徂徠など及びもつかない、

屈指の儒者であり詩人であった中根東里(なかねとうり)。

 

連月焼の名で有名となった蓮を模った急須で糊口をしのぎ、富岡鉄斎の

育ての親で、美貌故に波乱万丈の人生を送った無私無欲の歌人、大田垣

連月(おおたがきれんげつ)。

 

著者がどうしてこの三人を取り上げたのかが、あとがきの中に書かれて

います。少し長くなりますが、その抜粋を記して終わりにします。ここに

著者の志(こころざし)が見て取れます。

 

『時折、したり顔に、「あの人は清濁あわせ呑むところがあって、人物が

大きかった」などという人がいる。それは、はっきりまちがっていると、

わたしは思う。少なくとも子どもには、ちがうと教えたい。ほんとうに

大きな人間というのは、世間的に偉くならずとも金を儲けずとも、ほんの

少しでもいい、濁ったものを清らかなほうにかえる力を宿らせた人である。

この国の歴史のなかで、わたしは、そういう大きな人間を確かに目撃した。

その確信をもって、わたしは、この本を書いた。』

 

『これからの日本は物の豊かさにおいて、まわりの国々に追い越されていく

かもしれない。だからこそ、この話は伝えておきたいと思った。・・・大陸

よりも貧しい日本が、室町時代以来、五百年ぶりに再び現れる。そのとき、

わたくしたちは、どのようなことどもを子や孫に語り、教えればよいのか。

このときこそ、哲学的なことどもを、子どもにきちんと教えなくてはいけ

ない。いま東アジアを席巻しているものは、自他を峻別し、他人と競争する

社会経済のあり方である。・・・この国には、それとはもっとちがった深い

哲学がある。しかも、無名のふつうの江戸人に、その哲学が宿っていた。

それがこの国に数々の奇跡をおこした。わたしはこのことを誇りに思って

いる。この国にとってこわいのは、隣より貧しくなることではない。ほん

とうにこわいのは、本来、日本人がもっているこのきちんとした確信が失わ

れることである。ここは自分の心に正直に書きたいものを書こうと思い、

わたしは筆を走らせた。地球上のどこよりも、落とした財布がきちんと

戻ってくるこの国。ほんの小さなことのように思えるが、こういうことは

GDPの競争よりも、なによりも大切なことではないかと思う。』

 

良い本に出会えました。

 


大瀬崎からの富士山

住宅・リフォーム営業部の山入です。

先日久しぶりに大瀬崎へ行ってきました。

道の途中で写した富士山です。

やはり雪をいただいた富士山は見事ですね。

20180122-103002.jpg


我が家のお気に入り銘菓~仙台・出雲ほか

あれもこれも担当の千葉です。

 

それぞれの地方にはその土地を代表するような銘菓がありますね。今日はその中から

我が家のお気に入りの四品をご紹介します。

 

2013050721360000

第一に仙台の銘菓、九重本舗、玉澤さんの『霜ばしら』。

水あめを細い細い糸のように伸ばしたものを薄い板状にして折り畳んだような

つくり。あまりに繊細なため壊れやすいので、お砂糖を混ぜた粉の中に埋めて

あります。口に入れるとえも言えぬ舌触り、崩れるように溶け出す食感は格別

です。冬季限定ですが、今は配送もしてもらえます。

 

2015021514390000

続いては、出雲は来間屋さんの『生姜糖』。生姜の辛みと甘みの絶妙な取り合

わせが後を引きます。我が家では毎年これをお正月に集まる兄姉家族へのお

年賀にも使っています。

 

2015042200000003

北陸新幹線が金沢まで通じて一躍脚光を浴びている北陸も、美味しいお菓子が

多いですね。我が家では何と言っても富山県は白梅軒五郎丸屋さんの『薄氷・

う寿氷(うすごおり)』。

2015042200000004

江戸時代にご当主が、庭のネコヤナギに気をとられ踏んだ薄氷のパリッという

音から想起して作ったというだけあって、これも繊細なお菓子故に綿のような

クッションが入っています。

 

加賀百万石、古都金沢にも老舗森八さんの『長生殿』など、素敵なお菓子が沢山。

北陸新幹線の楽しみの一つでもありますね。

 

2015030100000003

最後はやはり京都。鍵善良房さんの『菊寿糖』。和三盆の控えめでまろやかな

甘さが何とも言えず妙。日本中至る所に和三盆の落雁はありますし、鍵善さんは

葛きりで有名ですが、我が家は京都へ行くと必ず鍵善さんでこの『菊寿糖』を

大人買いして来、少しずつ大事に大事に戴きます。

 


どんど焼き

住宅・リフォームの三須です。

 

先日、1年の無事を願って「どんど焼き」が行われました。

今年度は区の役員をやっておりますので、「おんび」づくりから参加しました。

中心となります、長い真っ直ぐな竹を選んで採るところから始め、、中に入れる桧の枝や、

真竹を切って集めたり準備が大変でした。

 

CIMG3137

 

CIMG3141

 

CIMG3146

子供会や参加していただける人数が年々少なくなってしまい淋しさも感じてしまいました。

お飾り等は手分けして集めていただき、完成することが出来ました。

 

CIMG3151

「どんど焼き」はまだ暗い朝6時から火をつけ、一気に燃え上がり、

ある程度燃えがおさまったら、団子等を焼いたりしておりました。

 

CIMG3161

 

CIMG3163

 

役員・子供会・消防団の方々、お疲れ様でした。