スタッフブログ すずのね

別腹は明日の脇腹?

あれもこれも担当の千葉です。

 

 

2017080220283600

 

あー、たくさん食べたね、美味しかった~!

と、いいながら満腹のお腹にもデザートはすぅ~っと入ってしまいます。

 

2017081620480300

 

こんな楽しい工夫がされたりしていると、楽しいね、素敵だね、と会話が

弾むついでにデザートはあっという間に平らげられてしまいます。

 

2017081620474400

 

先日も、『別腹は明日の脇腹よ~!』と妻に諭されながらも、『可愛い

おデブさんを目指すからいい!』と、ついつい完食!

 

2017022600000005

 

 

2016030920430000.jpg

 

2015030700000004

(少し古い写真ですが)

2015120600000003

 

とりわけそれが、サプライズ・プレートだったりしたら、嬉しさのあまり

『脇腹』のことなんて吹っ飛んでしまいますよね。

 


防災訓練

住宅・リフォームの三須です。

 

先週の日曜日に、市の防災訓練に参加して来ました。

区ごとに近くの公民館等に一旦集合して、避難先(訓練先)の中学校まで歩いて行きました。

 

CIMG2102

 

CIMG2112

 

訓練では、避難所受付訓練から始まり、間仕切り、仮設トイレ等の組み立てを行いました。

 

CIMG2100

 

CIMG2104

 

また、災害の起こる仕組みの説明や、避難所での生活ルール、

情報等の説明・訓練もありました。

 

CIMG2107

 

消火訓練、救護訓練、ペット同行避難訓練など色々な訓練に参加することができました。

 

CIMG2115

 

CIMG2118

 

CIMG2114

 

CIMG2110

 

最後には、炊き出し訓練ということで、自衛隊が作ったカレーを食べて訓練終了でした。

 

CIMG2109

 

今回のような大がかりな訓練は、なななか体験できないと思いますので、

参加して良かったと思いました。


相棒

住宅・リフォーム営業部 杉山です。

仕事でいつも身に付けている相棒の時計です。
IMG_2584

毎朝、家を出るときこの時計をすると、『仕事に行ってきます』と

思う瞬間です。

『自動巻き』なのでときどき時間を合わせてあげないといけませんが・・・

それがまたよい感じで気に入っています。

これからも大切に使いたい思っています。

これからもよろしく!相棒よ!

■ここで時計の『手巻き』・『自動巻き』について

まず時計には電池で動く時計『クォーツ式』とゼンマイで動く時計『機械式』があります。

機械式には電池が入っていないのでゼンマイを巻き上げる必要があるのですが、その作業を自動で行うのか手動で行うのかの違いがあります。

「手巻き」の場合、時計の横についているリューズ(ボタン)を使ってゼンマイを巻き上げます。
「自動巻き」の場合は、ムーブメント(動力部分)に内蔵されているローターが回転してゼンマイを巻き上げてくれます。

こう聞くと、自動ならその名の通り「自動」で何もせずとも時を刻み続けてくれるというイメージをもたれるかもしれませんが自動巻きは、自分の腕に装着したときにしかゼンマイを巻き上げてくれません。なぜかというと腕の動きによってのみローターが回転しゼンマイを巻き上げるからです。ですから時計を着けずにずーっと置きっぱなしにしていると自動巻き時計も止まってしまうので  ときどきゼンマイを巻いてあげないといけません。


稲刈り

住宅・リフォームの三須です。

 

先日稲刈りを行いました。

 

CIMG2078

 

CIMG2084

 

今年は日照不足で少し心配でしたが、まずまずの収穫でした。

 

CIMG2089

 

後、3枚田が残りありますので、次はいつ稲刈りが出来るのか、

明日から雨の天気予報ですので、心配です。

台風も来ませんように。


杵原学校にて

住宅・リフォーム営業部の山入です。

少し前の事ですが、南信州・飯田山本にある「杵原(きねはら)学校」に行って来ました。

20170829-182638.jpg

2008年公開の吉永小百合さん主演の映画「母べえ」のロケ地です。

20170829-183311.jpg

20170829-183447.jpg

趣きのある木造校舎です。1985年に他校との統合で廃校になりましたが、現在では国の登録有形文化財だそうです。

撮影当時のままの黒板が残っている教室で、先生役の地元の方との触れ合いが面白かったです。

20170829-184049.jpg

実は、黒板の文字は吉永小百合さんが書いた当時のままだそうです。