スタッフブログ すずのね

夏の夜の訪い人

あれもこれも担当の千葉です。

 

夏の夜になると決まって、玄関の灯りに誘われて我が家への来訪者が増えます。

決して騒がしくないのが幸いで、温かく見守ることにしています。

 

2016061322490000.jpg

 

最も多い来訪者が、守宮(ヤモリ)とカナブン。

時には両者の訪いが重なって人の家の玄関先で睨み合いをすることも。

 

2012091122500000

 

2017071910000002

 

他にも、オチャブンや蛾の訪問頻度は低くありません。

 

2017072923333400

 

2018052723345800

 

先日は珍しくカミキリの訪問を受けましたが、珍しさからすると、アリジゴクの

成虫であるウスバカゲロウなどが珍客です。

 

2013082400390000

 

水辺からは離れているために風情のある蛍の訪いがないのが残念ですが、

我が家への来訪者には短い夏の夜を大いに謳歌してもらいたいものです。

 


初夏五月の花たち・拾遺集・その2

あれもこれも担当の千葉です。

 

 

IMG_1441

前回は、藤の花の幻想世界を求めて出掛けたあしかがフラワーパークの

ローズガーデンがとても素敵だったことをご紹介しました。五月が過ぎて

しまい、梅雨入りまでしてしまいましたが、あしかがフラワーパークで

目にした、素敵で珍しい花たちを備忘録を兼ねてアップしておきます。

 

オダマキにもいろいろな色があるのですね。

IMG_20180512_171729

 

IMG_20180512_171750

 

カラーは白、とのイメージだったのですが、ピンクのカラーも華やかであり

ながら気品があって素敵でした。

IMG_20180512_172738

 

IMG_20180512_172727

 

妖精のように可愛らしい花たち。

 

IMG_20180512_184716

フクシア。

IMG_20180512_184919

 

フレンチ・ラベンダー。うさぎの耳のようにも、妖精のリボンのようにも

見えます。

IMG_20180512_181724

 

これはギガンジウムでしょうか。個性的な形です。

IMG_20180512_181800

 

IMG_20180512_182349

萼紫陽花の仲間かと思いきや、オルラヤと言う名前のセリ科の花だそうです。

IMG_20180512_182342

 

 

IMG_20180512_182104

アリウムという名前だそうです。夏の花火がちょうど開いたような花。

IMG_20180512_182204

 

ねむの木とすすきを足して二で割ったような花。名前は失念してしまいました。

IMG_20180512_182012

 

 

木の花も素敵なものに巡り会いました。

 

IMG_20180512_174758

ベニバナトチノキはマロニエをピンクにしたようです。

IMG_20180512_174548

 

IMG_20180512_175801

ハシドイはライラックと同種のモクセイ科の樹木だそうです。

IMG_20180512_175749

 

IMG_20180512_184546

エゴノキの樹陰は、むせ返るような芳香に包まれていました。

IMG_20180512_184624

 

 

出口の売店でも素敵な花たちに遭遇しました。

 

IMG_20180512_185836

紫陽花の園芸種で『銀河』と言うのだそうです。二色とも素敵です。

IMG_20180512_185747

 

IMG_20180512_185444

このサボテンの名前も失念。今流行のエア・プランツのようでもありますが、

何とも奇妙、或いは少し不気味です。

IMG_20180512_185454

 

IMG_20180512_190408

最後もサボテン。こちらは小さくて可愛いサボテンです。

IMG_20180512_190345 (1)

 

あしかがフラワーパーク、藤だけでなく、薔薇も他の花たちもとても見応えの

ある公園でした。

 


完成見学会での一コマ

住宅担当の花崎です

 

 

5/26(土)・27(日)の二日間、

 

伊豆の国市小坂にて完成見学会を開催いたしました。

 

106

 

二日間天候にも恵まれ、

 

沢山の新たな出会いがございました。

 

再来のお客様も同様に、ご来場をいただきました皆様に

 

スタッフ一同お礼申し上げます。

 

今後も全力で家づくりをご検討されている皆様の

 

サポートをしてまいります。

 

 

IMG_1023

 

一日目の見学会が終了した頃、

 

お施主様ご夫妻が記念樹の植樹にいらっしゃいました。

 

レモンの苗木を仲良く?植えていました。

 

I様見学会のご協力、ありがとうございました。

 

あと一週間足らずでお引渡しですが

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 


初夏五月の花たち・拾遺集

あれもこれも担当の千葉です。

 

 

八十八夜を過ぎて立夏となったと思ったらもうひと月が終わろうとしています。

花たちが咲き競い合う嬉しい一か月でしたが、多くの花たちを『パシャリ!』し

ながら放りっ放しにしていました。過ぎゆく五月に感謝しながら、過日あしかが

フラワーパークで撮り溜めた花たちを紹介して見ます。

 

 

IMG_1441

 

あしかがフラワーパークは、米国CNNのアンケートで世界で行ってみたい

観光地ベスト10に日本から唯一選ばれたスポットだ、との旅行会社の広告

を目にして訪れました。規模の大きな紫色、白色、黄色の藤棚・トンネル

が雄大にして幽玄な世界を演出している様子をネットで見て、ワクワクして

出掛けたものの、例年より早まった藤の季節には間に合いませんでした。

 

IMG_20180512_172202

 

IMG_20180512_175852

 

IMG_20180512_172519

藤の花壁。手前の写真が、盛りにはこのように見えますよと言っています。

 

IMG_20180512_172847

 

最も後に咲くと言う黄色の藤(キバナフジ)がかろうじて名残りを残すくらい。

 

IMG_20180512_175137

 

事前の期待が大きかった分、残念度も大きかったのですが、それを補って

余りあったのが園内のローズ・ガーデンの素晴らしさでした。

 

IMG_20180512_170142

 

IMG_20180512_172324

 

広大な敷地に本当に多くの種類の見事な薔薇が咲き誇り、とても目を楽し

ませてもらいました。薔薇は手入れが大変な花のはずですが、どの種類の

薔薇も花が大きく、それはそれは見事な咲き振りでした。

 

IMG_20180512_170510

こんな薔薇の壁やアーチ、ドームなどもありました。

 

数株ずつ植えられた見事な薔薇たちを羅列して終わります。

IMG_20180512_165242

カリフォルニア・ドリーミング。ママス&パパスのメロディーが浮かんで来て

しまう名前。私には名前など全く判らないので、プレートで判ったものは名前

を記しておきます。

 

IMG_20180512_165305

淡いクリーム・イエローが素敵な、コンテッサ。

 

IMG_20180512_170036

 

IMG_20180512_170718

一重の薔薇も素敵です。

 

IMG_20180512_171045

霜降りが輝くように見える、ピエール・カルダン。有名なデザイナーとは

どのような関係でしょう?

 

IMG_20180512_171059

嵯峨野。和風の名前は日本生まれの品種なのでしょうね。

 

IMG_20180512_171605

鮮やかな朱の薔薇。

 

IMG_20180512_174820

 

IMG_20180512_181622

とても気品のある淡いピンクの、ピース。心に平安をもたらすような佇まい

はまさに名前の如くでした。

 

佐野・足利への旅を大満足なものにしてくれた花たちに、感謝感謝です。

 


初夏後半の花たち

あれもこれも担当の千葉です。

 

 

今日は爽やかな五月の薫風に湿気が混じり出す、そんな初夏も後半の今頃の

花たちを集めてみました。

 

 

まずは立葵(タチアオイ)。下から順に咲き上がるタチアオイ、妻などは、

上まで咲き切ると梅雨が来ると言って嫌がるのですが、スラリと華やかな

立ち姿が素敵な花です。

 

2018052416571600

 

これまでは一重のものしか気付かなかったのですが、先日田舎道を走って

いたら違和感を感じて車を停めて近づいてみると、八重のタチアオイ。

初めて見ました。

 

2018052416572800

 

 

2018052530000005

 

梅雨の季節に最も似合うのが紫陽花(アジサイ)でしょうか。我が家には

鉢植えのものが根付いてしまったものを含めて3株ありますが、そのうち

の、青色と薄桃色の二つが咲き出しました。

 

2018052530000006

 

次の二つはフラワーパークの売店で見掛けた素敵な青とピンクのアジサイ。

『銀河』という名前が付けられていました。

 

2018051218583601

 

2018051218574701

 

 

そしてお山に芝刈りに出掛けた折に見掛けた真っ白な大手毬(オオデマリ)。

遠目にはアジサイにも似ていると思うのですが、調べてみるとアジサイは

ミズキ目・アジサイ科・アジサイ属。オオデマリはマツムシソウ目・スイカ

ズラ科・ガマズミ属。ちょっと小振りの小手毬(コデマリ)はバラ目・バラ科・

シモツケ属。ちょっと見が似ていても随分と違うものですね。

 

2018052709145000

 

 

同じく芝刈り場で見掛けた素敵な花。躑躅(ツツジ)と石楠花(シャクナゲ)

の掛け合せのような雰囲気ですが、名前が判りません。

 

2018052614423300

 

 

ようやく咲き出した遅咲きの我が家の菖蒲(ショウブ)。

 

2018052530000001

 

 

コデマリと同じ科・属の下野(シモツケ)。

 

2018052530000003

 

 

そしてポン菓子のような南天(ナンテン)の花。

 

2018052530000007

 

 

梅雨入りまでの間に大いに目を楽しませてくれるありがたい花たちでした!