スタッフブログ すずのね

シリーズ・徒然読書録~平野啓一郎著『マチネの終わりに』

あれもこれも担当の千葉です。

 

読書は好きで、常時本を持ち歩く癖が付いてしまいましたが、読み方は極めて

大雑把、何かしら記憶のどこか、心の片隅にでも蓄積されていれば良いという

思いで雑然と読み流しています。暫くするとその内容どころか読んだことさえ

忘れてしまうことも。その意味で、読者の皆様には退屈でご迷惑かとも恐縮し

つつ、ブログに読書録なるものを記してみるのは自分にとって有益かも知れない

と思い、始めてみました。皆様のご寛恕を請うところです。

 

徒然なるままに読み散らす本の中から今回取り上げるのは、平野啓一郎著『マチネ

の終わりに』(毎日新聞出版)。

 

2017022600000014

 

毎日新聞の連載小説だったようです。新聞の広告を見て図書館で借りてみました。

だって、『結婚した相手は、人生最愛の人ですか?』とか、『恋の仕方を忘れた

貴方に贈る、せつなすぎる大人の恋愛小説』なんて随分と挑発的なコピーに触手が

動きました。

 

2016041807550000.jpg

 

世界的なクラッシック・ギタリストの蒔野聡史、38歳。完璧な中に唯一足り

ないもの、未来。スランプから演奏をやめ長い沈黙に。方やクロアチア人映画

監督を父に持つ記者、小峰洋子、40歳。イラクでの取材で自爆テロに合う。

 

お互いに抗しきれないほど惹かれ合う二人は、それぞれが芸術的スランプと、

自爆テロのPTSDに苦しんでいた。救いを求めて会おうとした正にその時に、

蒔野を慕うマネージャーの三谷の策略によって二人の人生は行き違ってしまう。

 

『虚構のお陰で書かずに済ませられる秘密がある一方で、虚構をまとわせる

ことでしか書けない秘密もある。』なんて素敵な文章が鏤められていますし、

二人が初めて会った瞬間から、たった二度の逢瀬で抗し難く愛し合うように

なる心理描写や展開は筆力があって惹き込まれましたが、三谷の嫉妬で別々の

暮らしを始めた頃からの展開は少し冗長で退屈しました。それでも、音楽への

造詣、民族紛争への造詣に裏付けられた厚みのある優れた小説だと思います。

 

『人はただ、あの人に愛されるために美しくありたい、快活でありたいと切々

と夢見ることを忘れてしまう。しかし、あの人に値する存在でありたいと願わ

ないとするなら、恋とは一体、何だろうか?』

 

広告のコピーが言うように、忘れてしまった恋の仕方を思い起こさせるのでは

なく、恋をするエネルギーを失ってしまっていることを悟らせるための小説で

した。まさに『愛とは弛緩した恋』ということでしょうか。むしろこの本の主

張は、自由意思による未来への希望という辺りにあるのではないかと感じます。

 

『人は、変えられるものは未来だけだと思い込んでいる。だけど、実際は、未

来は常に過去を変えているんです。・・・・最後に名残惜しく交わした眼差し

が、殊更に「繊細で、感じやすい」記憶として残った。それは、絶え間なく過

去の下流へと向かう時の早瀬のただ中で、静かに孤独な光を放っていた。彼方

には海のように広がる忘却!その手前で、二人は未来に傷つく度に、繰り返し、

この夜の闇に抱かれながら、見つめ合うことになる。』

 

『自由意志というのは、未来に対してはなくてはならない希望だ。自分には、

何かが出来るはずだと、人間は信じる必要がある。だからこそ、過去に対して

は後悔となる。何か出来たはずではなかったか、と。運命論の方が、慰めに

なることもある。』

 

それぞれが離婚をし、お互いに惹かれ求め合いながらも運命の糸は交差せず

何度も何度もじらされて、、、。何年後かのコンサート。『それでも、せめて

このコンサートが終わるまでは、彼への愛に留まっていたかった。これまで

たった三度しか会ったことがなく、しかも、人生で最も深く愛した人。・・・

音楽が駆けてゆく。このひとときが永遠に続くことを彼女は願った。』

 

そして、マチネの終わりに演奏した曲は・・・。

 


長泉町「K様邸」地鎮祭

住宅・リフォーム営業部の山入です。

春の訪れをひしひしと感じる今日この頃ですが、例年よりも三寒四温が厳しく感じる

のは私だけでしょうか。

長泉町の「K様邸」で、あいにくの雨模様でしたが、先日の大安の良き日に

とどこおりなく、地鎮祭が執り行われました。

IMG_0982

IMG_0993

IMG_1017

これから、基礎工事に先立ちまして地盤改良を行っていきますが、雨降って地固まる

との言葉通り、しっかりとした工事を行ってまいります。

今後、構造見学会も予定させていただいておりますが、今までにない構造見学会にな

るのではとひそかに期待しています。見てからのお楽しみです。

 

 


ジャパン建材フェア開催

住宅・リフォーム部の大橋です。

3/16(金) 3/17(土)

2日間、東京ビッグサイトにてジャパン建材フェアが開催されました。

最新の住宅設備・新建材・新工法等、建築に関わる様々な展示物が出展されており

会場は大変賑わっておりました。IMG_0337

今回は、リフォームをご検討されているお客様と共に参加させていただき、

お客様それぞれが将来のリフォームについて、大きな収穫を得られた様子でした。

次回のジャパン建材フェア開催では、より多くのお客様にご参加していただきたいので、ツアーを企画しております。

ご興味のおありになる方は、お気軽にお問合せください。

※会場内では、一般のお客様の入場を制限しております。


洗面化粧台の収納力

住宅・リフォーム営業部 杉山です。

 

毎日使う洗面化粧台。

歯ブラシ、美容品などの小物が多い洗面は収納力が大切です。

 

main

 

洗面化粧台の私のおすすめ収納は、ミラーの裏が収納スペースになっているものが良

いです。

美容品やドライヤーなど洗面台まわりに溢れるものはミラーの裏の収納にしっかりと

収納できます。

ミラーを閉じれば見た目もすっきりですね。

 

images

 

 

従来の洗面化粧台は洗面台の下の部分が扉になっているものが多かったと思います

が、引き出しタイプの収納もございますので使い勝手により引き出しタイプもおすす

めです。

 

洗面化粧台は収納力で快適度が変わりますね。


木の芽雨、木の芽時

あれもこれも担当の千葉です。

 

敬愛する山本健吉翁の著書によれば、春の季語に『木の芽雨(このめあめ)』

というのがあります。木の芽が張る(春)頃に降る雨、春の雨のことだそうです。

 

そんな木の芽時の我が家の庭の仲春です。

 

37AF1D9C-1051-4989-AE99-BAB386BA61C2

 

木蓮がほぼ満開となりました。SNSでどなたかが、木蓮の蕾はみんな北を向くと

書かれていたので注意していましたが、その通り、みんな北を向いていました。

他所で見た木蓮もそうでした。

 

4CDAC062-507E-4364-886C-D47D6B67A536

 

木の芽時と言うように、たくさんの木の芽、蕾が春を謳歌する時に備えて

準備万端です。

 

9AD53CF5-7BA1-415A-877C-AD03F4896D71

石楠花(シャクナゲ)に、

 

5604D459-B0EA-4CE6-A1FD-31EAA8FE6C40

木瓜(ボケ)。

 

6A486AE2-CB71-4A66-9C9F-40B137DFC0B3

杏(アンズ)はじきに花開きそうですし、

73D54F57-B663-4ED6-A10A-459174336ABE

 

F75CDCA6-D3C1-42C6-A573-80AE0FADBC12

雪柳(ユキヤナギ)は蕾が開き始めました。

 

もう、いつ春に呼ばれても大丈夫そうですね。

 

 

番外編、畑周りの風景です。

 

7B596805-B0B2-4043-9232-E70B5EBA9E28

巻かず終いで放っておいた白菜にも花が咲きました。

小松菜も花開きそうです。

F3FC6336-A2C8-4492-B6A1-B4AA1250CA90

 

7D7F9420-FBC7-4BF4-867F-DC80DCE8A2C4

こうして見ると、みんなアブラナ科、菜の花の仲間だとわかります。

 

65BEE1B6-4361-4779-9ED6-6389219987F7

蕗の薹(フキノトウ)も放置していたら、小さな小さな花が満開です!

AD64113A-E438-4C59-87B3-C6E3CA4D7B2D

 

余談ですが、、、。

89A8CD5E-4066-4275-A960-1715953E674B

野蒜(ノビル)かと思い、卵かけご飯に併せて見ようとしましたが、味が違います。

美味しくありません。どうやら違ったようです。妻に話したら、毒のある水仙の

根だと大変だということで、暫く様子を見ましたが何ともなく済みました。

5E1D2446-DDC9-4053-9A6A-27A7CF92B1B1

 

素人が安易に手を出すのは危ういことだと再認識、くわばらくわばら、でした。

それにしても、相変わらず毒味役にならない私の胃袋でした。ちゃんちゃん。