ニュース

第326回放送 「今年1年を振り返って」

総務の三須勝好が「今年1年を振り返って」と題してワクワクスタジオFMでお届けしました。

 

20121228.JPG

 

 

【ワクワクスタジオFM】
静岡県三島市にあるコミュニティFM局「ボイス・キュー(FM77.7MHZ)」にて毎週金曜日17時25分から放送中!!鈴木工務店の従業員が交代で登場し、建築や住まいづくりなどのさまざまな情報を提供しております。

【放送内容】

佐藤陽子パーソナリティ(以下、VQ) ワクワクスタジオFM。第326回の今日は、株式会社鈴木工務店総務チームの三須勝好さんにお話を伺います。三須さん、こんばんは。

 

三須勝好(以下、三須) こんばんは。鈴木工務店の三須と申します。今日はどうぞよろしくお願いいたします。

 

VQ よろしくお願いいたします。さあ、いよいよ今年最後のワクワクスタジオFMとなりました。今日はどのようなお話をしていただけるんでしょうか。

 

– 当社やこの番組を振り返り

三須 今日は特別これといったひとつのテーマではないのですが、今年最後の放送ということなので、この1年を振り返ってみたいと思います。とはいっても、個人的な振り返りをしてもしょうがないので当社やこの番組について振り返りたいと思います。

 

VQ はい。

 

三須 この番組なんですが、なんといっても今年は春からパーソナリティが小坂さんから佐藤さんに変わりましたよね。5年半ほど小坂さんにご担当いただいた後を受けての交代でしたが、いかがでしたか。

 

VQ 鈴木工務店の皆様に収録を通していろいろと教えていただきながら、ここまでくることができました。住宅についてもいろいろと知ることができました。

 

三須 そうですか。ありがとうございました。では、まず振り返りということで、私ども建築の業界についてお話をさせていただきたいと思います。

 

VQ はい。

 

– リフォーム、エコ、耐震

三須 今年の建築業界のキーワード、2つあるかと思います。まずひとつは耐震。そしてもうひとつはエコかなぁと思います。やはり昨年発生した東日本大震災を受けまして、建物を建てられる皆様の地震に対する意識、とても高まりました。そして、その後の電力不足騒ぎもありまして省エネルギーに対する意識も非常に高くなりました。そのような中で、当社といたしましても、お客様のニーズに応えるべく、4月には社内に新たにリフォームの専門部署を立ち上げました。

 

VQ はい。

 

三須 ただ単に古くなったものを新しくする、壊れたものを直すというだけでなく、お住まいになるお客様のスタイルに合わせ我々建築家が培ってきたプロのエッセンスを加えまして、機能性はもちろんのこと、テレビのリフォーム番組で見るような素敵な見栄えのするプランをご提案しております。

 

それから、エコ・省エネのニーズを受けまして、「スマートハウス」のご提案も新たに開始いたしました。太陽光発電を設置されるお客様はかなり一般的になってまいりましたが、それをさらに一歩進め、作った余剰な電気を蓄電し、夜間や停電時に使用しようとするものです。昼間の電気を大量に使う時間帯にも使用できますので、使用量のピークを抑制する効果も期待できます。

 

VQ はい。太陽光発電、注目されている方多いですよね。

 

三須 はい。それから、地震に備える耐震性の高い建物のニーズの高まりを受けまして、「耐震性能UPキャンペーン」を実施いたしました。このキャンペーンでは、新築時の耐震等級3を取得されたお客様には地震の揺れを低減する効果の期待できる「TRCダンパー」という装置をサービスでつけさせていただきました。

 

耐震等級には1~3の段階がありまして、3という段階では、建築基準法が定める基準の1.5倍の耐震性がある訳なんですが、このダンパーをつけることによって、さらに揺れを吸収することができるようになります。倒れない建物というよりは、壊れない建物により近づくことができると思います。

 

VQ 耐震について考える方が多い中で、注目のキャンペーンだったと思うんですが、このキャンペーンはいつまででしたでしょうか。

 

三須 残念ながら、今月末までということでやっておりました。今日で当社も営業が年内は終了してしまいましたので、このキャンペーンも同時に終了となります。大変申し訳ございません。ですが、大変好評をいただきましたので、また来年には新たなキャンペーンも企画してまいりたいと思っております。ぜひご期待いただきたいと思います。

 

VQ はい。新たなキャンペーン気になります。

 

– ご出演いただいた、当社で建築された多くのお客様

三須 ところでこの番組では、当社で建築をされたお客様にもゲストとして多く出演をいただきました。

 

VQ はい。

 

三須 その完成した建物に実際に出向いて収録もいたしましたが、その中で佐藤さんが特に印象に残っているものってのはありますか。

 

VQ はい。いろいろなお宅にお邪魔させていただいて、とても印象に残っているお宅が多いんですけれども、夢を形にしているというところがとても印象に残っています。

 

三須 そうですか。ありがとうございます。住宅をご新築いただいたお客様にもご登場いただいたんですが、いろいろな業種のお店を建てられた方にもご出演いただきましたよね。当社のモットーは「繁栄のおてつだい」です。国道136号線沿いの本社の看板にもうたっております。この1年の振り返りということで、「繁栄のおてつだい」ということで、この番組でご紹介しましたお店なんかを改めて少しだけご紹介させていただきたいと思います。

 

VQ はい。

 

三須 まずは、函南郵便局の前にある「ヘアサロン・ヴィオレッタ」さんという美容院です。覚えていらっしゃいますでしょうか。

 

VQ はい。覚えています。美容師のご夫婦が夢を叶えた建物でしたね。

 

三須 そうですね。とてもスタイリッシュな建物で、気持ちよく整髪していただけることと思います。

 

VQ はい。

 

三須 それから、飲食店ですが、富士の「フジヤマ珈琲店」さんをご紹介させていただきました。こちらはオーナー様が、同時にとんかつ店の「富士屋伝兵衛」さんも建てられましたので、あわせてご紹介させていただきました。

 

VQ はい。

 

三須 少し三島からですと距離がありますが、こだわりの水や食材を用いたとてもおいしい珈琲やとんかつですよ。

 

VQ はい。オープンしてからまだお伺いしていないので、早くお伺いしたいなと思っています。

 

三須 ぜひ、行ってみてください。

 

VQ はい、わかりました。

 

三須 それから、9月に佐藤さんがご覧になったばかりの大宮町の「三島キリスト教会」さんもありましたよね。ご覧になられたときはまだ建築中でしたが、ついこの間、無事完成いたしました。つい先日、完成したばかりの建物で、クリスマス礼拝が行われたようです。自然素材をふんだんに使用して元々の建物で使われていた十字架やステンドグラスを使用するなど、とてもこだわりを持って作られた建物です。

 

VQ まだ外からしか拝見していないんですが、すごく雰囲気のある素敵な教会に仕上がってますよね。

 

– 当社オリジナルカレンダーのプレゼント

三須 はい。さて、いろいろとご紹介をしてきましたが、まだまだご紹介しきれない建物がいっぱいあるんですけれども、時間の都合でこの辺にさせていただきたいと思います。さて、いよいよ今年も終わりということで、リスナーの皆様を始めまして、関係者の皆様にはこの1年大変お世話になりました。ということで1年の感謝を込めましてリスナーの皆様にプレゼントをご用意いたしました。ここにご用意いたしましたのは、当社オリジナルカレンダーになります。

 

VQ はい、ありがとうございます。

 

三須 このカレンダーなんですが、当社の創業者であります鈴木菊三郎が日頃書き溜めた絵を使ったものです。このような絵を使ったカレンダーも今年で14年目になります。

 

VQ はい。

 

三須 今回プレゼントとして10本ご用意させていただきました。もうすでに来年のカレンダーを手に入れられた方も多いかと思いますが、まだご用意されていない方がありましたら、差し上げたいと思います。欲しい方がいらっしゃましたら、このスタジオにおいておきますので、ぜひともこのスタジオまでお越しいただければと思っております。なお、明日から1月3日までこの建物自体が閉庁ということで閉まってしまっておりますので、カレンダーの受取は年明けの4日からということになりますのでご容赦いただきたいと思います。

 

VQ はい。

 

三須 もし、今すぐに取りにこられることができる方がありましたら、今日は19時ごろまでは間に合いますので、ぜひこちらへお立ち寄りいただければと思います。

 

VQ はい。鈴木工務店さんのカレンダーが欲しいという方は今日であれば午後7時まで。そして、1月4日(金曜日)から1月11日(金曜日)まで、1週間の間に取りにこれるよという方は平日の午前9時から午後5時までの間にお願いします。

 

三須 はい。

 

VQ さてそろそろお時間となりました。今日は締めとしまして、来年の抱負を三須さんにお伺いしたいと思います。

 

三須 私ども建築の業界はとても厳しいものがあります。しかしながら、私どもは「繁栄のおてつだい」を実践し、お客様・地域の皆様に、すべてに必要とされる会社であり続けられるようまた日々努力していきたいと思います。

 

そして、来年は会社創業55年となります。55年ですから「ゴーゴー」ということで社員一同元気に突き進んでいきたいと思います。また、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

VQ はい。ワクワクスタジオFM。2012年最後の放送は株式会社鈴木工務店総務チームの三須勝好さんにお話を伺いました。三須さん、ありがとうございました。

 

三須 どうもありがとうございました。

 

VQ そして、来年もよろしくお願いいたします。

 

三須 よろしくお願いいたします。

 

VQ&三須 それでは皆さん、良いお年を。

第325回放送 「年末年始・住まいのお手入れ」

営業の山本晃伸が「年末年始・住まいのお手入れ」と題してワクワクスタジオFMでお届けしました。

 

20121221.JPG

 

 

【ワクワクスタジオFM】
静岡県三島市にあるコミュニティFM局「ボイス・キュー(FM77.7MHZ)」にて毎週金曜日17時25分から放送中!!鈴木工務店の従業員が交代で登場し、建築や住まいづくりなどのさまざまな情報を提供しております。

 

【出演者の声】
記事をアップしておりますので、スタッフブログ「すずのね」をご覧下さい。
ワクワクスタジオFM収録

【放送内容】

佐藤陽子パーソナリティ(以下、VQ) ワクワクスタジオFM。第325回の今日は、株式会社鈴木工務店住宅部第1グループの山本晃伸さんにお越しいただいています。山本さん、こんにちは。

 

山本晃伸(以下、山本) こんにちは。山本です。よろしくお願いします。

 

VQ よろしくお願いいたします。さて、今回はどのようなお話をしていただけるんでしょうか。

 

山本 はい。年の瀬を向かえ、もう少しで今年も終わろうとしていますけども、1年を締めくくる最後の大仕事といえばなんでしょうかね?

 

VQ やっぱり大掃除ですかね。

 

山本 そうですね。大掃除ですね。年末の大掃除を始める時期と時間について、興味深いアンケート結果がありましたのでご紹介しますね。

 

VQ はい。

 

山本 約半数の方がクリスマスが終わってから、約1週間かけて大掃除を行っているようです。

 

VQ そうなんですね。皆さんぎりぎり、年末押し迫ってから取り掛かるって人が多いんですね。

 

– 1週間のお薦めスケジュール

山本 そうですね。そこで、1週間のお薦めスケジュールということでご紹介したいと思います。

 

VQ 1週間のお薦めのスケジュール。ぜひ教えてください。

 

山本 はい。まず1日目なんですけども、水まわりの汚れが気になるところと洗面所まわりですね。2日目にお風呂・浴室です。3日目にトイレを行い、水まわりは3日間で終了になります。

 

VQ はい。3日間でまず水まわりを掃除するということですね。

 

山本 はい。そうしまして、4日目は各お部屋、居住空間ですね。こちらの方をやっていただき、5日目に玄関と家具小物まわりをやります。そして、最後、最終日6日目になりますが、キッチンの換気扇等油まわりですね。そちらの方をやっていただけるとよろしいんではないかなぁと。

 

で、1日1回、1ヶ所当たり約15分以内で終えるように進めてもらうと、毎日苦痛にならずに継続できるんじゃないかなぁと思います。

 

VQ そうですね。「一気にやってしまうぞっ!」と思うと、急に疲れるというか。

 

山本 そうですね。

 

VQ でも、1日1回1ヶ所15分以内だと思えば、「よしっ、やるか!」という気持ちになりますね。

 

山本 そうですね。なかなか継続するのは大変ですので、短い時間でやっていただければと思います。

 

VQ わかりました。

 

– 日頃からちょっとしたお手入れを

山本 では、ここで各部位ごとのお掃除ポイントということでご紹介したいと思います。

 

VQ はい。

 

山本 まず、浴室のポイントなんですけれども、入浴中の目線の高さの部位を重点的に掃除していただくと、日頃気持ち良くお使いいただけるんではないかなぁと思います。

 

VQ 入浴中の目線の高さ。

 

山本 はい、そうですね。お風呂に入りながらちょうど良い目の高さというのはかなり気になりますので。

 

VQ そうですね。

 

山本 それから、こびりついた汚れなんかはお湯をかけながらクレンザーで磨いていただくと汚れは落ちやすくなります。

 

VQ はい。

 

山本 で、最後、掃除が終わった際に乾いたタオルで水分をふき取っていただくとカビの発生とかを抑えやすいということがありますね。

 

VQ 意外とこの最後の水分をふき取るというのを忘れがちだと思うんですが。

 

山本 そうですね。

 

VQ しっかりとふき取って終了していただきたいですね。

 

山本 はい。それから、入浴後は窓を開けたりとか、換気扇を回したりで十分換気をしてください。

 

VQ はい、わかりました。日々の積み重ねがやっぱり大切だなぁと思いますね。

 

山本 そうですね。次に、トイレのポイントですけども、マットや便座カバーは日頃から頻繁に洗っていただいて、1日1回ブラッシングで掃除をしてもらうと年末の大掃除は非常に楽になります。

 

VQ やっぱり日々のちょっとしたお掃除を心掛けるということが大切なんですね。

 

山本 そうですね。次にご紹介しますのは窓まわりです。窓ガラスとか網戸というのは静電気で埃を吸い寄せますので、衣類用の柔軟材で拭いていただくと静電気が発生しにくくなりますので、次回の大掃除が非常に楽になりますね。

 

VQ 衣類用の柔軟材ですか。初めて聞いたのでやってみたいなぁと思います。

 

山本 静電気抑えて、冬場なんかは本当に便利なものがありますので、そちらの方を使っていただけるとなおのこと効果が出るかなぁと思います。

 

VQ わかりました。やってみたいと思います。

 

山本 次に床のお手入れなんですけども、普段は掃除機とかモップで掃除をしてるかと思うんですけれども、せっかくの大掃除ですので、ワックスがけをしたいですね。この際に、傷ですとか床の補修も一緒にやっていただくとなおのこと良いかなぁと思います。ただ、ご注意いただきたいのが、床の材質によって補修できるものとできないものというものがありますし、ワックスの種類とかその辺も異なりますので、細かいことに関しましては、私たち専門家等にご確認いただければと思います。

 

VQ 大掃除しようと思ったら、逆に床をワックス材があわなくて汚してしまったりとか、そういったことがないように。その辺りは専門の業者の方にご相談をということですね。

 

山本 そうですね。最後に、皆さんが一番手を焼く部分なんですが、油まわりです。

 

VQ う~ん、もう聞いただけで、ドッと疲れてしまうんですけれども(笑)。

 

山本 (笑)そうですね。基本は外せる部分はぬるま湯につけおきしてください。外せない部分に関しましては、キッチンペーパーに洗剤を含ませて10分~20分程度湿布していただくと汚れは非常に落ちやすくなります。

 

VQ はい。その時に一気に落とそうとしてギュッギュッギュッギュとこすり続けるのではなくて、洗剤を含ませたキッチンペーパーを20分程度貼り付けて湿布をしてから磨くと落ちやすいということですね。

 

山本 そうですね。最後に私はなかなかできてないんですけどね、日頃からちょっとしたお手入れをすることで年末の大掃除を非常に簡素化できると思うんですよね。

 

VQ はい。キッチンまわりもやっぱり日々のお掃除が大切ということですね。

 

– 2012年はエコに大掃除をしてみる

山本 はい、そうですね。それから、最近は環境問題に配慮して、ナチュラルな掃除術というものが注目されているんですけども。

 

VQ ナチュラルな掃除術ですか。

 

山本 はい。基本のアイテムとしまして、重曹とお酢を使います。

 

VQ 昔からいわれているお掃除方法ですかね。

 

山本 そうですね。重曹はアルカリ性ですので、油ですとか手垢、酸性の汚れを落とす効果があります。最近は重曹水としてホームセンターなどで販売してはいるんですけども、自分で水を解いて使えるように粉末状のものを購入してもらった方がお得だと思いますね。

 

VQ 粉末状のものですね。わかりました。

 

山本 それから逆に今度はお酢なんですが、こちらの方は酸性になります。カルシウム分の塊である水垢ですね。そういうものを落とすのに効果があります。この際にご注意いただきたいのが、塩素系の漂白剤とはあわせて使用しないでください。有毒ガスの方が発生しまして危険ですので、決して一緒に使うことはしないでください。

 

VQ わかりました。お酢は酸性ということで、塩素系の漂白剤とあわせて使わないでくださいということですね。覚えておきたいと思います。

 

山本 でも、よく考えてみると、最近注目といわれてるんですけども、重曹とかお酢とかというのは、本当に昔からいわれてきた知恵袋の内容ですよね。

 

VQ そうですよね。今様々な強力な洗剤なども出ていますけれども、改めて環境のことを考えて、昔から使われている重曹とお酢で大掃除をするというのは今は皆さん注目の掃除の方法ということなんですね。

 

山本 そうですね。最近は忙しさのあまり、出来合いのものを買ったりですとか、効率ばかりを求めてしまいがちですけれども、年末の大掃除を機にエコについて考えてみるのも良いんじゃないでしょうかね。

 

VQ そうですね。ぜひ2012年の大掃除はキレイにするというだけではなくて、環境についても考えながら、昔の掃除方法を見直して取り組んでいただければと思いますね。

 

山本 そうですね。

 

VQ 私も今年はエコに大掃除してみたいと思います。

 

ワクワクスタジオFM。第325回の今日は、株式会社鈴木工務店住宅部第1グループの山本晃伸さんに年末の大掃除についてお話を伺いました。山本さん、ありがとうございました。

 

山本 ありがとうございました。

年末年始休暇のお知らせ

鈴木工務店は、誠に勝手ながら、本年度の年末年始休暇を以下の日程で実施させていただきます。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

【期間】

2012年12月29日(土)~2013年1月6日(日)

※1月4日(金)・5日(土)の午前8時~午後5時は日直体制となります。

※1月7日(月)午前8時より、通常通り営業いたします。

 

【電話でのご連絡】

12月29日(土)~1月3日(木)は、留守番電話による対応となります。

1月4日(金)以降は、通常通りの対応となります。

 

【インターネットでのご連絡】

24時間受付をしておりますが、ご回答は1月7日(月)以降、順次ご対応させていただきます。

 

今後とも、格別のご支援、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

第324回放送 「エシカ・ファーム建築について」

営業の横山雅人が「エシカ・ファーム建築について」と題してワクワクスタジオFMでお届けしました。

 

20121214.JPG

 

 

【ワクワクスタジオFM】
静岡県三島市にあるコミュニティFM局「ボイス・キュー(FM77.7MHZ)」にて毎週金曜日17時25分から放送中!!鈴木工務店の従業員が交代で登場し、建築や住まいづくりなどのさまざまな情報を提供しております。

【出演者の声】
記事をアップしておりますので、スタッフブログ「すずのね」をご覧下さい。
ワクワクスタジオFM(12月14日放送)収録

【放送内容】

佐藤陽子パーソナリティ(以下、VQ) ワクワクスタジオFM。第324回の今日は、株式会社鈴木工務店法人部の横山雅人さんにお話を伺います。よろしくお願いいたします。

 

横山雅人(以下、横山) 横山です。よろしくお願いします。

 

VQ そして今日は、ゲストの方もいらっしゃいますのでご紹介したいと思います。株式会社インクルの代表取締役風間康寛さんです。

 

風間様 はい。風間です。よろしくお願いします。

 

横山 よろしくお願いします。

 

VQ それではお2人の出会いから教えていただけますか。

 

横山 はい。2年前になりますが、事業用の土地をお探しになられている方がいらっしゃるということを私の知人の方から聞きまして、風間さんの方を紹介をしていただいたのが初めての出会いになります。

 

VQ 2年前ということですね。

 

横山 そうですね。

 

– 療育という教育が必要なお子さんたちの場所

VQ 事業用の土地を探していらっしゃったということなんですが。風間さん、事業用というとどんな土地を探していらっしゃったんですか。

 

風間様 はい。うちの会社は法人的には株式会社なんですけれども、実際にやっていることというのは障害を持っているお子さんたちの、簡単にいえば幼稚園的な部分。そして、もうひとつが障害を持っているお子さんたちの学童保育という、福祉的なサービスをやっているものですから、特にそちらの幼稚園。まだ、小学校に上がる前で、本当にそこで療育という教育が必要なお子さんたちの場所というのはこの辺になかったんですよね。皆さん御殿場などまで行かれてたものですから、そういったことをやってあげる場所が欲しくて探していたわけです。

 

VQ 福祉施設を建てる場所を探していたということなんですね。

 

横山 で、風間さんからエリアとか諸々のご希望をお伺いする中で、ちょうど清水町の徳倉に土地の有効活用ということで私がご相談を受けている先があったので、そちらの地主さんにこういう良いお話がありますよとご案内をしたところ、土地に自分で施設を建てて風間さんの方に貸して良いよというお話をいただいて、うまいことこうマッチングができて話が進んだという形ですね。

 

VQ はい。今日はテーマが「~つなぐ~ マッチング Win-Winの関係作り」ということで、ここでひとつ良いマッチングがあったということなんですね、風間さん。

 

風間様 はい、そうですね。私たちも助かりましたし、そしてお子さんたち・お母さんたちも非常に喜んで「助かりました」という声が非常に多いです。

 

VQ 実際、鈴木工務店さんと一緒にお仕事をされて、最初の印象というのはいかがでしたか。

 

風間様 そうですね。工務店さんといいますと、一般的に僕はもっと固いイメージがあったんですけれども、いざ横山さんとお話していますと非常にこちらの話や希望をちゃんと聞いてくださいまして、それをまた大家さん・地主さんとお話を通してくれる。で、現場の方たちも非常に優しい・明るい方たちが多くて、話しやすい。で、希望のものを作っていただける。そういう感じを受けましたね。

 

横山 ありがとうございます。

 

– 施設を利用される皆さんも笑顔になれた

VQ そして、建築がどんどん進んでいって、実際清水町の徳倉に「とくら園」を建てられて。通われている皆さんの反応はいかがですか。

 

風間様 はい。まずやはり、昔は地域にまったくそういう施設がなかった。それができたということでもお母さんたちは非常に喜んでくれたんですけれども、さらにこちらの希望を聞いてくださっているので新しくて使いやすい。その中で子どもたちが楽しそうに活動して、成長していく。またそれを見たお母さんたちが、再びね喜んでもらえるという非常に良いサイクルの方で回っております。

 

VQ 風間さんと地主さんだけでなくて、そこを利用される皆さんも笑顔になれたということで。Win-Win-Winの関係作り。

 

横山 そうですね。地主さんがある時、とくら園に足を運んだ時に、ちょうど子どもさんの送り迎えで来てた親御さんがその地主さんに「本当に良い施設を作ってもらってありがとうございます」っていうお話があったということで、地主さんがとってもそのお話を喜んで私に話をしてくださったってのがとても印象に残ってます。

 

VQ 本当に皆さんが笑顔になれるマッチングが成立したという感じですが、その後もう一軒建てるということで。またそちらも鈴木工務店さんにご依頼されたんですよね。

 

風間様 はい。そうですね。

 

横山 風間さんの方から第2弾ということで、またエリアの方をお伺いする中で、ちょうど三島の梅名に私の知人、知り合いでもあり土地をお持ちの方がいらっしゃったので、そちらの方を風間さんにご紹介。また、地主さんにもご紹介させていただいて、お互いにうまいことここもマッチングができて進んだという形です。

 

VQ そうなんですね。とくら園で梅名にも施設を建てるということで、来年の3月には新しい施設が完成するということで、そちらの施設の方はどんな施設なんですか。

 

風間様 はい。NPO法人エシカ・ファームといいまして、ファームといいましても実際に農園を作るわけではなくて、エシカルというのが良心という意味があります。ですので、法人の目的としては良心の畑を広げようというキーワードで、1階の方で障害の幼児さんの療育施設。要するに障害を持っているお子さんたちの幼稚園ですね。そして2階の方で就学時のお子さんたちの放課後サポート。学校が終わってから夜だいたい7時までやっていますので、そちらの方で預かるようなサポートを展開していきます。

 

VQ はい。わかりました。そちらの方は入りたいという方はどうしたらよろしいですか。

 

風間様 はい。まだこちらの方は、エシカ・ファームの方は連絡先がないものですから、今の「ドリームケアふぃる」の方にご連絡いただければ大丈夫です。より詳しいことを知りたい方はホームページがございますので、「ドリームケアふぃる(http://www.dream-care.jp/)」で検索していただければ出ますのでよろしくお願いします。

 

VQ 風間さん、今後はどんな風に展開されていく予定なんですか。

 

– 困っている人たちのプラスに

風間様 はい。そちらの「みしま園」の方は別のNPO法人にします。その理由があって、ひとつはやはり三島市さんと一緒に共同でやっていこうと・連携を強くしようという目的と、もうひとつがより公共性を広げて、いろんな方たちの協力できるようにしたいと。その最終的にはその辺がありまして、子どもたち・子どもたちが卒業して成人になった時に、また彼らが働けるような場所まで作っていく。そういう考え方もありますので、そういった意味でNPOにして、まず今回はまた幼稚園の方なんですけれどもね。そして、また進んでいこうかなぁという形で考えております。

 

VQ 子どもたちの施設だけではなくて、その子たちがいずれ大きくなった時でも使える成人用の施設も考えていらっしゃるということなんですね。

 

風間様 そうですね。

 

VQ こういった福祉施設を求めている方たくさんいらっしゃると思いますので、ぜひ展開していただきたいなぁと思います。

 

風間様 はい。ありがとうございます。

 

VQ それでは風間さん、最後にこれから鈴木工務店さんに期待されることなどあれば教えていただけますか。

 

風間様 そうですね。うちの施設としては本当に100%やっていただいているので、うちとすればまた次の展開。成人さんなどもまたぜひお世話になりたいなぁと思いますし。もうひとつは、今度は私どもだけじゃなくて、やはり今回のようにこれをしたいけれどもどうしたらいいかわからない。場所がない。建物がない。という方たちにもっともっとケアをしてあげられれば、より困っている人たちのプラスになるかなぁと思いますので、ぜひぜひこのラジオもそうなんですけれども、いろんな人に活動の方を広げていって欲しいなと思います。

 

横山 はい、そうですね。ありがとうございます。頑張ります。

 

VQ ありがとうございました。それでは最後に横山さん、ラジオをお聞きの皆さんにメッセージをお願いできますか。

 

横山 はい。私ども鈴木工務店。特に法人部では、土地をお持ちで有効活用をお考えになられている方。また、今回風間さんのように土地を・建物を探して事業の方を考えていらっしゃる方。うまいことマッチングをさせて、お互いに喜んでいただけるような、そんな提案・場をご提供しております。

 

会社の方、「繁栄のおてつだい」という中でまさにお使いになる利用者の皆さんも含め、皆さんが本当に繁栄をしていただく・喜んでいただけるような、そんなお手伝いをしておりますので、ぜひどんなことでも結構ですので、何かございましたらお気軽にお問い合わせいただければと思います。お待ちしております。

 

VQ はい。ありがとうございました。

 

風間様 ありがとうございました。

 

横山 ありがとうございました。

年末の交通安全県民運動(平成24年)

年末の交通安全県民運動が以下の通り実施されます。
この運動は、県民一人ひとりが、自らの交通安全に関する意識を高め、交通ルールの遵守と交通マナーの実践に努めることにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的としています。

 

【実施期間】
2012年12月15日(土)から12月31日(月)までの17日間

 

【スローガン】
「安全を つなげて広げて 事故ゼロへ」

 

【運動の重点】
(1)子どもと高齢者の交通事故防止
(2)夕暮れ時から夜間の交通事故防止
(特に自発光式反射材の着用促進)
(3)飲酒運転の根絶
(4)シートベルトとチャイルドシートの着用推進

献血活動(平成24年度第3回)の実施予定

鈴木工務店では、地域における社会貢献活動の一環として献血活動に協力しており、平成24年度第3回の企業献血を以下の通り実施することといたしましたのでお知らせいたします。

 

輸血を必要とする怪我や病気で毎日たくさんの人が血液を待っている一方で、血液は長期保存ができず、これだけ科学が進歩した現在でも輸血用血液は人工的に造ることはできません。
健康な皆様一人ひとりの献血への参加が患者さんを救います。

 

鈴木工務店は、社員だけではなく、鈴木工務店協力会の方々にもご協力いただき、地域一体となった献血の定着化を目指すとともに、献血の普及・啓発に寄与して参ります。

 

1.実施日時 平成25年2月22日(金) 12:30~13:30

2.実施内容 静岡県赤十字血液センターの協力をいただき、本社構内駐車場に移動採血車を設置し献血を実施します。
※一般の方も実施できます。

 

どうぞ、献血にご協力をお願いいたします。

第323回放送 「12月8日・9日 清水町堂庭での住まいの体感会」

営業の情野正敏が「12月8日・9日 清水町堂庭での住まいの体感会」と題してワクワクスタジオFMでお届けしました。

 

20121207.JPG

 

 

【ワクワクスタジオFM】
静岡県三島市にあるコミュニティFM局「ボイス・キュー(FM77.7MHZ)」にて毎週金曜日17時25分から放送中!!鈴木工務店の従業員が交代で登場し、建築や住まいづくりなどのさまざまな情報を提供しております。

【放送内容】

佐藤陽子パーソナリティ(以下、VQ) ワクワクスタジオFM。第323回の今日は、株式会社鈴木工務店住宅部の情野正敏さんにお話を伺います。情野さん、よろしくお願いいたします。

 

情野正敏(以下、情野) はい。よろしくお願いします。

 

VQ 今回はどんなお話を聞かせていただけますか。

 

– 住まいを五感で感じ、雰囲気を味わって欲しい

情野 はい。今日は今週末、もう明日になるんですけれども、清水町堂庭にて完成見学会というか、当社では体感会と呼んでるんですけれども、完成した2世帯住宅のお宅を皆さんにご覧いただこうと思って、そのお話をしようかと思ってます。

 

VQ 明日8日(土曜日)と9日(日曜日)。この2日間にわたって開催される体感会についてのお話なんですね。

 

情野 そうですね。当社では見学会とは呼ばず、体感会として皆さんにお知らせしてます。

 

VQ どうして体感会なんですか。

 

情野 お客様にね、皆さんに来ていただいて、その住まいを五感で体感してもらおうと。足触り、手触りとか。匂いとか香りとか、ね。いろんな体験の仕方ってあると思いますので。本当は、家って住み心地がどうかなぁっていう風な感じで見ていただきたいんですよね。ですので、こと細かい説明もご希望があればしますけれども、本当のところは体感していただきたいということで、見学会ではなく体感会としています。

 

VQ 見て知るだけではなくて、五感で家を感じてくださいということで。

 

情野 そうですね。できれば来ていただいた方にソファーとか、ダイニングチェアーに座っていただいて、その家の雰囲気をね、味わって欲しいんですよね。

 

VQ そういった家具も展示されているんですか。

 

情野 はい。やっぱり家具がないと生活感って出ないので、当社では必要最小限ですけれども、家具を設置して皆様をお待ちしているという感じです。

 

VQ そういった家具もね、ぜひ注目していただきたいと思います。

 

情野 はい。

 

VQ 見所についてはまた後ほど詳しくお話していただきたいと思いますが、まずは2世帯住宅ということで、これから建てないなぁと思っていらっしゃる方もいると思うんですが、情野さんも実際2世帯住宅にお住まいなんですよね。

 

情野 そうなんですよ。11月の半ばに函南町で2世帯住宅の見学会をしたんですけども、実はね、これ私の家でして。

 

VQ そうなんですね。

 

情野 佐藤さん、来られなかったですね(笑)。

 

VQ そうなんです。ごめんなさい(笑)。

 

情野 本当は佐藤さんにも見ていただきたかったんですけれども。今回清水町のお宅と同じで、水まわり。2世帯住宅なんですけども、水まわりが1階と2階に分けてます。

 

VQ ひとつずつあると。

 

情野 そうですね。完全の2世帯です。

 

– できるだけお互いが幸せに暮らせるように

VQ 2世帯住宅と聞くとどうしても私、嫁姑問題が(笑)気になってしまうんですけれども。

 

情野 (笑)あ~。そうですね。2世帯住宅で最大のポイントは仰る通り、嫁姑の問題ですよね。

 

VQ はい。

 

情野 まぁ、それをね、できるだけお互いが幸せに暮らせるようにお手伝いしなきゃいけないのが私たちの役目であって、それは様々な生活スタイルとか、考え方とか。あと諸条件といいまして、土地の大きさとか予算とか。全部を踏まえながら私たちの方でご提案させていただくという形をとっております。

 

今回の清水町堂庭のお宅も、諸条件があった中での体感会となってますので、万人が「あ~良い家だなぁ」って思わないかもしれません。

 

VQ えぇ。

 

情野 それは諸条件とか、その方の住まい方とかがありますから、それはちょっと目をつぶっていただいて。この方はこんな生活するんだなぁっていう風に、2世帯では見ていただきたいなぁと思います。

 

VQ 自分たちの諸条件に合うところと合わないところがあると思うんですが、そういったところを見比べながらね、検討していただければと思うんですが。

 

情野 ちなみにその諸条件っていうのは、まぁ我が家なんですけれども、我が家は50坪で2世帯住宅を建てましたので、現実的に上下階に乗っける。水まわりを上下階にするしかちょっと方法がなかったんですよね。そういった諸条件の中でプランニングはしていきます。

 

VQ では、その建物を建てる土地の広さというのも、その建物の中の造りを決めていく中で重要ということなんですね。

 

情野 重要です。あと、人間よりも車の方がエライというか、優先順位が高くなってますので、車の台数っていうのもポイントになります。

 

VQ そうですよね。それぞれ使い道があって、持っている台数も違うと思いますので、車のことも忘れずにっていうことですね。

 

情野 そうですね。

 

– 最初にドドド~ンと悩みを相談してください

VQ 水まわりひとつとっても本当にひとつだったり、ふたつだったりといろいろな2世帯住宅があると思うんですが。

 

情野 水まわりだけでもいろんなパターンがありまして、我が家もそうなんですけども、全部2つあります。上下階に分かれてます。

 

VQ お手洗いも、お風呂も。

 

情野 そうです。お風呂も、キッチンも。

 

VQ いいですね。

 

情野 いいですよね(笑)。

 

VQ プライベートが守られるような感じがしますけども。

 

情野 そうですね。絶対それが良いかというと、それは人それぞれなのでなんとも言えないんですけれども。やっぱりメリット・デメリットがありまして、やっぱり水まわりを倍になるとそれなりの費用もかかります。

 

VQ そうですよね。

 

情野 で、2階に水まわりをもっていくとそれまでの配管の費用もかかりますので、そこら辺はちょっと押さえておいていただきたいなぁと思います。

 

VQ はい。そういった様々な相談に鈴木工務店さんでは乗ってくださるということですよね。

 

情野 そうですね。先にいろんなことをぶつけてください。そうした方が、後々すんなり計画がスムーズに行くと思います。

 

VQ そうですね。あれも聞けば良かった、これも聞けば良かったとならないように、最初にドドド~ンと悩みを相談して。

 

情野 そうですね。ぜひ打ち明けてください。

 

VQ わかりました。ぜひね、これから家を建てたいと思っている皆さんはそうしていただきたいと思います。

 

それでは、今2世帯住宅のことについてもお話していただきましたけれども、今回体感会が開催されるお宅。どんな見所があるかも教えていただけますか。

 

情野 そうですね。今回の堂庭のお住まいは、それぞれの暮らしを考えたLDKというのが見所になってます。来ていただければね、一目瞭然なんですけれども、当社得意の造り付けの家具がたくさんありまして、本棚などがすごいいっぱいあるLDKとなってます。

 

VQ わ~。そうなんですね。本がお好きな方は、本当にどれだけ本棚があっても足りないという方もいらっしゃるかと思いますけれども。

 

情野 いらっしゃいますね。

 

VQ ぜひ、たくさん家に本棚が欲しいんだよということをチェックですね。

 

情野 そうですね。ぜひチェックしていただきたいと思います。あと、バルコニーに面したワンちゃんのお部屋もご用意してます(笑)。

 

VQ いいですね。

 

情野 バルコニーに面しているのでリビングと続きのところのバルコニーですので、リビングにいながら2階でもワンちゃんと過ごせるという、そんな楽しいお家になってます。

 

VQ ペットを飼っている、これから飼いたいと思っている方もぜひ注目の2世帯住宅ということなんですね。

 

情野 はい。あとは、土間収納ですとか、小屋裏収納。やっぱり、2世帯住宅でも収納部分非常に大切なところですので、そこら辺も押さえていただきたいと思います。

 

VQ わかりました。では、見所はまず造り付けの家具。それから、ワンちゃんと一緒に過ごせるスペース。そして、収納スペースということですね。

 

情野 はい。

 

VQ 今回のお宅も見所満載ですので、ぜひ皆さんチェックしていただきたいと思います。それではもう一度最後に、明日・明後日行われる体感会についてご案内をお願いできますでしょうか。

 

情野 はい。清水町堂庭にて2世帯住宅の体感会を行います。今回は完全分離型の2世帯住宅です。明日・明後日、8日(土曜日)・9日(日曜日)、10時から夕方の5時まで開催しておりますので、ご都合付く方ぜひご来場いただきたいと思います。

 

VQ はい。何か目印になるものはありますか。

 

情野 そうですね。この会場の向かいが新しくできたJAなんすん清水というJAさんがありますので、そこを目印に来ていただければと思います。

 

VQ はい。わかりました。詳しくは鈴木工務店さんのホームページの方にも掲載されていますね。

 

情野 掲載されています。

 

VQ ぜひそちらもチェックしていただきたいと思います。お問い合わせの電話は、0120-882964(ぱぱつくろーよ)までおねがいします。情野さん、ありがとうございました。

 

情野 はい。ありがとうございました。

 

VQ ワクワクスタジオFM、第323回の今日は、株式会社鈴木工務店住宅部の情野正敏さんに明日・明後日開催されます体感会についてお話を伺いました。

小さな親切運動(三島市立南小学校及び同校周辺)

小さな親切運動の「平成24年度 第3回クリーン作戦」に参加いたしました。

今回は三島市立南小学校及び同校周辺の清掃を行いました。

 

IMGP2109.JPG

 

【環境保全活動】

鈴木工務店では「小さな親切運動」会員企業として、三島市内の環境保全活動に積極的に参加しております。

 

【関連情報】

小さな親切運動の静岡県本部

【追加情報】

三島市の広報番組「ニュースみしま」でも取り上げられておりました。

(以下の動画は、YouTubeに掲載されている三島市の広報動画を、共有機能を利用して掲載しております。)

 

第322回放送 「畳のはなし」

設計の川口博之が「畳のはなし」と題してワクワクスタジオFMでお届けしました。

 

20121130.JPG

 

 

【ワクワクスタジオFM】
静岡県三島市にあるコミュニティFM局「ボイス・キュー(FM77.7MHZ)」にて毎週金曜日17時25分から放送中!!鈴木工務店の従業員が交代で登場し、建築や住まいづくりなどのさまざまな情報を提供しております。

【放送内容】

佐藤陽子パーソナリティ(以下、VQ) ワクワクスタジオFM。第322回の今日は、株式会社鈴木工務店設計グループ係長の川口博之さんにお話を伺います。川口さん、こんにちは。

 

川口博之(以下、川口) こんにちは。設計グループの川口です。今日はよろしくお願いいたします。

 

VQ よろしくお願いします。今日はどんなお話をしていただけるんでしょうか。

 

川口 はい。今日は畳についてお話したいと思います。

 

VQ 畳ですか。

 

– 家族みんなでひとつの部屋に

川口 はい。ちょっと質問なんですけど、佐藤さんのお宅って畳のお部屋ってございます?

 

VQ 今住んでいる賃貸の住宅にはないんですが、実家にはあります。

 

川口 あっ、そうですか。実は私の家は築36年の古い家なんですけども、台所と2階の洋間以外はすべて畳の部屋なんですよね。

 

VQ そうなんですか。畳の部屋の割合が大きいですね。

 

川口 たぶん7割ぐらいですね。

 

VQ お~。すご~い。

 

川口 そんな家に住んでるんで、私としてはフローリングの部屋よりも畳の部屋の方が好きですし、なんとなく落ち着くんですよね。

 

VQ う~ん。そういった方多いんじゃないかなぁと思いますけどね。

 

川口 そうですよね。寝る時もベットではなくて畳6帖の部屋に布団を3組ひいて、家族4人で寝ています。

 

VQ そうなんですか。いいですね。なんか暖かい感じがして。

 

川口 (笑)布団が1枚足りないんです。

 

VQ (笑)そうなんですか。今年はウォームシェアも呼びかけられていますし、家族みんなでひとつの部屋に集まると暖かくて良いというのもありますしね。

 

川口 はい。畳って平安時代ごろから使われるようになりまして、江戸時代以降に一般的な住宅に普及したようです。その理由としては、日本の気候や生活スタイルに適しているからなんですよね。

 

VQ というと、どんなところですか。

 

川口 ここで畳の良いところをいくつか紹介したいと思います。

 

VQ はい。お願いします。

 

– 畳の良いところ

川口 まず、高温多湿な夏は湿気を吸い取ってくれまして、乾燥する冬は湿気を放出することによって1年を通して部屋の湿度を調節してくれます。

 

VQ 湿度の高い日本の気候に適しているというわけなんですね。

 

川口 はい。そして、断熱効果もありますので寒い日に畳の上を歩いてもヒヤッとはしませんよね。

 

VQ はい。

 

川口 で、適度な柔らかさがあるので畳の上を歩いた時に足に負担がかかりません。

 

VQ 確かにそうですね。今フローリングの家に住んでいるので、私冷え性で、裸足でこの冬のシーズン歩くともうちょっと歩いただけですぐ足が冷たくなっちゃうんですよね。そう考えると畳って良いなぁって思いますね。

 

川口 それから、小さなお子さんのいるお宅なんかは、畳の部屋でお子さんが走り回ったとしてもフローリングの部屋に比べてその音は気になりませんし、もし転んじゃったとしても怪我をしにくいのでお薦めですね。

 

VQ 近隣にお住まいの皆さんにとっても、そしてお子さんにとっても優しいというわけなんですね。

 

川口 さらに畳は有害物質や嫌な匂いも吸着してくれる効果もあるので、赤ちゃんを寝かせておく部屋としては最適だと思います。

 

VQ これから子どもを育てたいという方、新築を建てる方はぜひね畳の部屋を作って欲しいですね。

 

川口 そうですね。それで、新しい畳の香りって良いと思いません?

 

VQ 思います。

 

川口 中には好きではない方もいるかもしれませんけれども、あの畳のい草の香りには心を落ち着かせてくれる効果もあるみたいですよ。

 

VQ そうなんですか。それは知りませんでした。

 

川口 あと、洗濯物を取り込んでたたむにも畳の上が良いかなぁって思うんですけれども、いかがですか。

 

VQ そうですね。そのままそこに座り込んでたたんでも良いですよね。

 

川口 畳の良いところばかりお話してきましたが、その分デリケートな床材なので次はお手入れの仕方をお話したいと思います。

 

VQ ぜひ教えてください。

 

– 畳のお手入れ

川口 まず、掃除機をかける時は、畳の目に沿って優しくかけていただいて、できれば週に1度乾いた雑巾でからぶきすると良いですね。

 

VQ 最近はフローリングのお宅が多いので、若い方は特にねそういった掃除方法があるっていうことを知らない方も多いですよね。

 

川口 あと、コーヒーやお醤油なんかをこぼしてしまった時はしみになってしまいますので、すばやく乾いた雑巾で吸い取るようにふき取ってください。ここで注意していただきたいのは濡れ雑巾でゴシゴシふきますと、畳表が痛みますし、カビが発生する原因にもなりますのでこれは避けてください。

 

VQ わかりました。

 

川口 また、畳の上にカーペットをひかれている方もいらっしゃると思いますけれども、これはダニやカビが発生しやすくなりますのでこれも避けてくださいね。

 

VQ カーペットを上にひくっていうのは良くないんですね。

 

川口 そうですね。フローリングに比べるとお手入れに気を使います、がその分メリットは大きいので畳の部屋が1部屋あると便利だと思います。

 

VQ う~ん。そうですね。川口さんのお話を聞いて、畳の部屋があると良いなぁと私も思いました。

 

川口 最近の若いお客様で、畳の部屋はいらないよという方もいらっしゃいますが、ぜひ畳の部屋を設けていただきたいですね。

 

VQ ぜひ家を建てる際は畳の良いところを見直していただいて、ぜひ1部屋をね畳の部屋を作っていただきたいですね。

 

川口 ぜひ作っていただきたいですね。

 

VQ それでは今日最後に完成現場見学会のお話をお願いできますか。

 

川口 はい。来週末の12月8日(土曜日)。それから9日(日曜日)に駿東郡清水町で完成現場見学会を開催いたします。

 

VQ はい。来週末の12月8日(土曜日)と9日(日曜日)ですね。

 

川口 こちらのお宅は、水周りと玄関も別になっている完全2世帯のお宅です。どちらの世帯にも畳の部屋がありますよ。

 

VQ そうなんですね。

 

川口 その他にも小屋裏収納やサンルーム。その他いろんな見所がございますので、2世帯のお宅をご計画の方以外の方もいろいろ参考になると思いますんで、ぜひご来場いただきたいと思います。

 

VQ はい。わかりました。今日ご紹介していただいた畳の部屋。それ以外にも収納のお部屋などもあって見所たくさんなんですね。ぜひ皆さんにお出掛けいただきたいと思います。

 

川口 はい。よろしくお願いいたします。

 

VQ はい。お問い合わせについては、0120-882964(ぱぱつくろーよ)。鈴木工務店さんまでお問い合わせいただきたいと思います。その他、この見学会のご案内はホームページの方でも。

 

川口 はい。

 

VQ そちらのホームページも見所満載ですので。このワクワクスタジオFMの放送内容や収録写真なども掲載されていますので、ぜひチェックしてみてください。鈴木工務店さんのホームページのアドレスはhttp://www.szki.co.jpです。鈴木工務店で検索してみてください。

 

ワクワクスタジオFM、第322回の今日は、株式会社鈴木工務店設計グループ係長の川口博之さんに畳についてお話をしていただきました。ありがとうございました。

 

川口 ありがとうございました。

[新聞掲載]建通新聞

2012年11月26日、建通新聞3面(東部版)に防災訓練等に関する記事が掲載されました。

 

11月17日に実施した「防災訓練」と「本社周辺の清掃活動」について取り上げていただきました。

 

タイトル : 防災訓練と清掃活動実施