ニュース

第334回放送 「省エネリフォームについて」

営業の三須清和が「省エネリフォームについて」と題してワクワクスタジオFMでお届けしました。

 

20130222.JPG

 

 

【ワクワクスタジオFM】
静岡県三島市にあるコミュニティFM局「ボイス・キュー(FM77.7MHZ)」にて毎週金曜日17時25分から放送中!!鈴木工務店の従業員が交代で登場し、建築や住まいづくりなどのさまざまな情報を提供しております。

第333回放送 「お客様スタイルの住まいづくり・・・3世帯住宅編」

営業の冨田浩夫が「お客様スタイルの住まいづくり・・・3世帯住宅編」と題してワクワクスタジオFMでお届けしました。

 

20130215.JPG

 

 

【ワクワクスタジオFM】
静岡県三島市にあるコミュニティFM局「ボイス・キュー(FM77.7MHZ)」にて毎週金曜日17時25分から放送中!!鈴木工務店の従業員が交代で登場し、建築や住まいづくりなどのさまざまな情報を提供しております。

第332回放送 「LCCM住宅デモンストレーション棟の紹介」

設計の松尾実和が「LCCM住宅デモンストレーション棟の紹介」と題してワクワクスタジオFMでお届けしました。

 

20130208.JPG

 

 

【ワクワクスタジオFM】
静岡県三島市にあるコミュニティFM局「ボイス・キュー(FM77.7MHZ)」にて毎週金曜日17時25分から放送中!!鈴木工務店の従業員が交代で登場し、建築や住まいづくりなどのさまざまな情報を提供しております。

第331回放送 「伊豆・ホーリーズ様」

営業の大川修一が「伊豆・ホーリーズ様」と題してワクワクスタジオFMでお届けしました。

 

20130201.JPG

 

 

【ワクワクスタジオFM】
静岡県三島市にあるコミュニティFM局「ボイス・キュー(FM77.7MHZ)」にて毎週金曜日17時25分から放送中!!鈴木工務店の従業員が交代で登場し、建築や住まいづくりなどのさまざまな情報を提供しております。

第330回放送 「水回りリフォームを考える際のポイント・注意点」

営業の本間剛が「水回りリフォームを考える際のポイント・注意点」と題してワクワクスタジオFMでお届けしました。

 

20130125.JPG

 

 

【ワクワクスタジオFM】
静岡県三島市にあるコミュニティFM局「ボイス・キュー(FM77.7MHZ)」にて毎週金曜日17時25分から放送中!!鈴木工務店の従業員が交代で登場し、建築や住まいづくりなどのさまざまな情報を提供しております。

第329回放送 「CASBEEについて」

営業の加藤真彦が「CASBEEについて」と題してワクワクスタジオFMでお届けしました。

 

20130118.JPG

 

 

【ワクワクスタジオFM】
静岡県三島市にあるコミュニティFM局「ボイス・キュー(FM77.7MHZ)」にて毎週金曜日17時25分から放送中!!鈴木工務店の従業員が交代で登場し、建築や住まいづくりなどのさまざまな情報を提供しております。

 

【出演者の声】
記事をアップしておりますので、スタッフブログ「すずのね」をご覧下さい。
ワクワクスタジオFM収録

第328回放送 「住宅ローンの諸費用と生命保険のお話し」

営業の鈴木裕之が「住宅ローンの諸費用と生命保険のお話し」と題してワクワクスタジオFMでお届けしました。

 

20130111.JPG

 

 

【ワクワクスタジオFM】
静岡県三島市にあるコミュニティFM局「ボイス・キュー(FM77.7MHZ)」にて毎週金曜日17時25分から放送中!!鈴木工務店の従業員が交代で登場し、建築や住まいづくりなどのさまざまな情報を提供しております。

第327回放送 「住宅を求める方へのアドバイス」

営業の堤泰臣が「住宅を求める方へのアドバイス」と題してワクワクスタジオFMでお届けしました。

 

20130104.jpg

 

 

【ワクワクスタジオFM】
静岡県三島市にあるコミュニティFM局「ボイス・キュー(FM77.7MHZ)」にて毎週金曜日17時25分から放送中!!鈴木工務店の従業員が交代で登場し、建築や住まいづくりなどのさまざまな情報を提供しております。

 

【出演者の声】
記事をアップしておりますので、スタッフブログ「すずのね」をご覧下さい。
ワクワクスタジオFM 327回

第326回放送 「今年1年を振り返って」

総務の三須勝好が「今年1年を振り返って」と題してワクワクスタジオFMでお届けしました。

 

20121228.JPG

 

 

【ワクワクスタジオFM】
静岡県三島市にあるコミュニティFM局「ボイス・キュー(FM77.7MHZ)」にて毎週金曜日17時25分から放送中!!鈴木工務店の従業員が交代で登場し、建築や住まいづくりなどのさまざまな情報を提供しております。

【放送内容】

佐藤陽子パーソナリティ(以下、VQ) ワクワクスタジオFM。第326回の今日は、株式会社鈴木工務店総務チームの三須勝好さんにお話を伺います。三須さん、こんばんは。

 

三須勝好(以下、三須) こんばんは。鈴木工務店の三須と申します。今日はどうぞよろしくお願いいたします。

 

VQ よろしくお願いいたします。さあ、いよいよ今年最後のワクワクスタジオFMとなりました。今日はどのようなお話をしていただけるんでしょうか。

 

– 当社やこの番組を振り返り

三須 今日は特別これといったひとつのテーマではないのですが、今年最後の放送ということなので、この1年を振り返ってみたいと思います。とはいっても、個人的な振り返りをしてもしょうがないので当社やこの番組について振り返りたいと思います。

 

VQ はい。

 

三須 この番組なんですが、なんといっても今年は春からパーソナリティが小坂さんから佐藤さんに変わりましたよね。5年半ほど小坂さんにご担当いただいた後を受けての交代でしたが、いかがでしたか。

 

VQ 鈴木工務店の皆様に収録を通していろいろと教えていただきながら、ここまでくることができました。住宅についてもいろいろと知ることができました。

 

三須 そうですか。ありがとうございました。では、まず振り返りということで、私ども建築の業界についてお話をさせていただきたいと思います。

 

VQ はい。

 

– リフォーム、エコ、耐震

三須 今年の建築業界のキーワード、2つあるかと思います。まずひとつは耐震。そしてもうひとつはエコかなぁと思います。やはり昨年発生した東日本大震災を受けまして、建物を建てられる皆様の地震に対する意識、とても高まりました。そして、その後の電力不足騒ぎもありまして省エネルギーに対する意識も非常に高くなりました。そのような中で、当社といたしましても、お客様のニーズに応えるべく、4月には社内に新たにリフォームの専門部署を立ち上げました。

 

VQ はい。

 

三須 ただ単に古くなったものを新しくする、壊れたものを直すというだけでなく、お住まいになるお客様のスタイルに合わせ我々建築家が培ってきたプロのエッセンスを加えまして、機能性はもちろんのこと、テレビのリフォーム番組で見るような素敵な見栄えのするプランをご提案しております。

 

それから、エコ・省エネのニーズを受けまして、「スマートハウス」のご提案も新たに開始いたしました。太陽光発電を設置されるお客様はかなり一般的になってまいりましたが、それをさらに一歩進め、作った余剰な電気を蓄電し、夜間や停電時に使用しようとするものです。昼間の電気を大量に使う時間帯にも使用できますので、使用量のピークを抑制する効果も期待できます。

 

VQ はい。太陽光発電、注目されている方多いですよね。

 

三須 はい。それから、地震に備える耐震性の高い建物のニーズの高まりを受けまして、「耐震性能UPキャンペーン」を実施いたしました。このキャンペーンでは、新築時の耐震等級3を取得されたお客様には地震の揺れを低減する効果の期待できる「TRCダンパー」という装置をサービスでつけさせていただきました。

 

耐震等級には1~3の段階がありまして、3という段階では、建築基準法が定める基準の1.5倍の耐震性がある訳なんですが、このダンパーをつけることによって、さらに揺れを吸収することができるようになります。倒れない建物というよりは、壊れない建物により近づくことができると思います。

 

VQ 耐震について考える方が多い中で、注目のキャンペーンだったと思うんですが、このキャンペーンはいつまででしたでしょうか。

 

三須 残念ながら、今月末までということでやっておりました。今日で当社も営業が年内は終了してしまいましたので、このキャンペーンも同時に終了となります。大変申し訳ございません。ですが、大変好評をいただきましたので、また来年には新たなキャンペーンも企画してまいりたいと思っております。ぜひご期待いただきたいと思います。

 

VQ はい。新たなキャンペーン気になります。

 

– ご出演いただいた、当社で建築された多くのお客様

三須 ところでこの番組では、当社で建築をされたお客様にもゲストとして多く出演をいただきました。

 

VQ はい。

 

三須 その完成した建物に実際に出向いて収録もいたしましたが、その中で佐藤さんが特に印象に残っているものってのはありますか。

 

VQ はい。いろいろなお宅にお邪魔させていただいて、とても印象に残っているお宅が多いんですけれども、夢を形にしているというところがとても印象に残っています。

 

三須 そうですか。ありがとうございます。住宅をご新築いただいたお客様にもご登場いただいたんですが、いろいろな業種のお店を建てられた方にもご出演いただきましたよね。当社のモットーは「繁栄のおてつだい」です。国道136号線沿いの本社の看板にもうたっております。この1年の振り返りということで、「繁栄のおてつだい」ということで、この番組でご紹介しましたお店なんかを改めて少しだけご紹介させていただきたいと思います。

 

VQ はい。

 

三須 まずは、函南郵便局の前にある「ヘアサロン・ヴィオレッタ」さんという美容院です。覚えていらっしゃいますでしょうか。

 

VQ はい。覚えています。美容師のご夫婦が夢を叶えた建物でしたね。

 

三須 そうですね。とてもスタイリッシュな建物で、気持ちよく整髪していただけることと思います。

 

VQ はい。

 

三須 それから、飲食店ですが、富士の「フジヤマ珈琲店」さんをご紹介させていただきました。こちらはオーナー様が、同時にとんかつ店の「富士屋伝兵衛」さんも建てられましたので、あわせてご紹介させていただきました。

 

VQ はい。

 

三須 少し三島からですと距離がありますが、こだわりの水や食材を用いたとてもおいしい珈琲やとんかつですよ。

 

VQ はい。オープンしてからまだお伺いしていないので、早くお伺いしたいなと思っています。

 

三須 ぜひ、行ってみてください。

 

VQ はい、わかりました。

 

三須 それから、9月に佐藤さんがご覧になったばかりの大宮町の「三島キリスト教会」さんもありましたよね。ご覧になられたときはまだ建築中でしたが、ついこの間、無事完成いたしました。つい先日、完成したばかりの建物で、クリスマス礼拝が行われたようです。自然素材をふんだんに使用して元々の建物で使われていた十字架やステンドグラスを使用するなど、とてもこだわりを持って作られた建物です。

 

VQ まだ外からしか拝見していないんですが、すごく雰囲気のある素敵な教会に仕上がってますよね。

 

– 当社オリジナルカレンダーのプレゼント

三須 はい。さて、いろいろとご紹介をしてきましたが、まだまだご紹介しきれない建物がいっぱいあるんですけれども、時間の都合でこの辺にさせていただきたいと思います。さて、いよいよ今年も終わりということで、リスナーの皆様を始めまして、関係者の皆様にはこの1年大変お世話になりました。ということで1年の感謝を込めましてリスナーの皆様にプレゼントをご用意いたしました。ここにご用意いたしましたのは、当社オリジナルカレンダーになります。

 

VQ はい、ありがとうございます。

 

三須 このカレンダーなんですが、当社の創業者であります鈴木菊三郎が日頃書き溜めた絵を使ったものです。このような絵を使ったカレンダーも今年で14年目になります。

 

VQ はい。

 

三須 今回プレゼントとして10本ご用意させていただきました。もうすでに来年のカレンダーを手に入れられた方も多いかと思いますが、まだご用意されていない方がありましたら、差し上げたいと思います。欲しい方がいらっしゃましたら、このスタジオにおいておきますので、ぜひともこのスタジオまでお越しいただければと思っております。なお、明日から1月3日までこの建物自体が閉庁ということで閉まってしまっておりますので、カレンダーの受取は年明けの4日からということになりますのでご容赦いただきたいと思います。

 

VQ はい。

 

三須 もし、今すぐに取りにこられることができる方がありましたら、今日は19時ごろまでは間に合いますので、ぜひこちらへお立ち寄りいただければと思います。

 

VQ はい。鈴木工務店さんのカレンダーが欲しいという方は今日であれば午後7時まで。そして、1月4日(金曜日)から1月11日(金曜日)まで、1週間の間に取りにこれるよという方は平日の午前9時から午後5時までの間にお願いします。

 

三須 はい。

 

VQ さてそろそろお時間となりました。今日は締めとしまして、来年の抱負を三須さんにお伺いしたいと思います。

 

三須 私ども建築の業界はとても厳しいものがあります。しかしながら、私どもは「繁栄のおてつだい」を実践し、お客様・地域の皆様に、すべてに必要とされる会社であり続けられるようまた日々努力していきたいと思います。

 

そして、来年は会社創業55年となります。55年ですから「ゴーゴー」ということで社員一同元気に突き進んでいきたいと思います。また、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

VQ はい。ワクワクスタジオFM。2012年最後の放送は株式会社鈴木工務店総務チームの三須勝好さんにお話を伺いました。三須さん、ありがとうございました。

 

三須 どうもありがとうございました。

 

VQ そして、来年もよろしくお願いいたします。

 

三須 よろしくお願いいたします。

 

VQ&三須 それでは皆さん、良いお年を。

第325回放送 「年末年始・住まいのお手入れ」

営業の山本晃伸が「年末年始・住まいのお手入れ」と題してワクワクスタジオFMでお届けしました。

 

20121221.JPG

 

 

【ワクワクスタジオFM】
静岡県三島市にあるコミュニティFM局「ボイス・キュー(FM77.7MHZ)」にて毎週金曜日17時25分から放送中!!鈴木工務店の従業員が交代で登場し、建築や住まいづくりなどのさまざまな情報を提供しております。

 

【出演者の声】
記事をアップしておりますので、スタッフブログ「すずのね」をご覧下さい。
ワクワクスタジオFM収録

【放送内容】

佐藤陽子パーソナリティ(以下、VQ) ワクワクスタジオFM。第325回の今日は、株式会社鈴木工務店住宅部第1グループの山本晃伸さんにお越しいただいています。山本さん、こんにちは。

 

山本晃伸(以下、山本) こんにちは。山本です。よろしくお願いします。

 

VQ よろしくお願いいたします。さて、今回はどのようなお話をしていただけるんでしょうか。

 

山本 はい。年の瀬を向かえ、もう少しで今年も終わろうとしていますけども、1年を締めくくる最後の大仕事といえばなんでしょうかね?

 

VQ やっぱり大掃除ですかね。

 

山本 そうですね。大掃除ですね。年末の大掃除を始める時期と時間について、興味深いアンケート結果がありましたのでご紹介しますね。

 

VQ はい。

 

山本 約半数の方がクリスマスが終わってから、約1週間かけて大掃除を行っているようです。

 

VQ そうなんですね。皆さんぎりぎり、年末押し迫ってから取り掛かるって人が多いんですね。

 

– 1週間のお薦めスケジュール

山本 そうですね。そこで、1週間のお薦めスケジュールということでご紹介したいと思います。

 

VQ 1週間のお薦めのスケジュール。ぜひ教えてください。

 

山本 はい。まず1日目なんですけども、水まわりの汚れが気になるところと洗面所まわりですね。2日目にお風呂・浴室です。3日目にトイレを行い、水まわりは3日間で終了になります。

 

VQ はい。3日間でまず水まわりを掃除するということですね。

 

山本 はい。そうしまして、4日目は各お部屋、居住空間ですね。こちらの方をやっていただき、5日目に玄関と家具小物まわりをやります。そして、最後、最終日6日目になりますが、キッチンの換気扇等油まわりですね。そちらの方をやっていただけるとよろしいんではないかなぁと。

 

で、1日1回、1ヶ所当たり約15分以内で終えるように進めてもらうと、毎日苦痛にならずに継続できるんじゃないかなぁと思います。

 

VQ そうですね。「一気にやってしまうぞっ!」と思うと、急に疲れるというか。

 

山本 そうですね。

 

VQ でも、1日1回1ヶ所15分以内だと思えば、「よしっ、やるか!」という気持ちになりますね。

 

山本 そうですね。なかなか継続するのは大変ですので、短い時間でやっていただければと思います。

 

VQ わかりました。

 

– 日頃からちょっとしたお手入れを

山本 では、ここで各部位ごとのお掃除ポイントということでご紹介したいと思います。

 

VQ はい。

 

山本 まず、浴室のポイントなんですけれども、入浴中の目線の高さの部位を重点的に掃除していただくと、日頃気持ち良くお使いいただけるんではないかなぁと思います。

 

VQ 入浴中の目線の高さ。

 

山本 はい、そうですね。お風呂に入りながらちょうど良い目の高さというのはかなり気になりますので。

 

VQ そうですね。

 

山本 それから、こびりついた汚れなんかはお湯をかけながらクレンザーで磨いていただくと汚れは落ちやすくなります。

 

VQ はい。

 

山本 で、最後、掃除が終わった際に乾いたタオルで水分をふき取っていただくとカビの発生とかを抑えやすいということがありますね。

 

VQ 意外とこの最後の水分をふき取るというのを忘れがちだと思うんですが。

 

山本 そうですね。

 

VQ しっかりとふき取って終了していただきたいですね。

 

山本 はい。それから、入浴後は窓を開けたりとか、換気扇を回したりで十分換気をしてください。

 

VQ はい、わかりました。日々の積み重ねがやっぱり大切だなぁと思いますね。

 

山本 そうですね。次に、トイレのポイントですけども、マットや便座カバーは日頃から頻繁に洗っていただいて、1日1回ブラッシングで掃除をしてもらうと年末の大掃除は非常に楽になります。

 

VQ やっぱり日々のちょっとしたお掃除を心掛けるということが大切なんですね。

 

山本 そうですね。次にご紹介しますのは窓まわりです。窓ガラスとか網戸というのは静電気で埃を吸い寄せますので、衣類用の柔軟材で拭いていただくと静電気が発生しにくくなりますので、次回の大掃除が非常に楽になりますね。

 

VQ 衣類用の柔軟材ですか。初めて聞いたのでやってみたいなぁと思います。

 

山本 静電気抑えて、冬場なんかは本当に便利なものがありますので、そちらの方を使っていただけるとなおのこと効果が出るかなぁと思います。

 

VQ わかりました。やってみたいと思います。

 

山本 次に床のお手入れなんですけども、普段は掃除機とかモップで掃除をしてるかと思うんですけれども、せっかくの大掃除ですので、ワックスがけをしたいですね。この際に、傷ですとか床の補修も一緒にやっていただくとなおのこと良いかなぁと思います。ただ、ご注意いただきたいのが、床の材質によって補修できるものとできないものというものがありますし、ワックスの種類とかその辺も異なりますので、細かいことに関しましては、私たち専門家等にご確認いただければと思います。

 

VQ 大掃除しようと思ったら、逆に床をワックス材があわなくて汚してしまったりとか、そういったことがないように。その辺りは専門の業者の方にご相談をということですね。

 

山本 そうですね。最後に、皆さんが一番手を焼く部分なんですが、油まわりです。

 

VQ う~ん、もう聞いただけで、ドッと疲れてしまうんですけれども(笑)。

 

山本 (笑)そうですね。基本は外せる部分はぬるま湯につけおきしてください。外せない部分に関しましては、キッチンペーパーに洗剤を含ませて10分~20分程度湿布していただくと汚れは非常に落ちやすくなります。

 

VQ はい。その時に一気に落とそうとしてギュッギュッギュッギュとこすり続けるのではなくて、洗剤を含ませたキッチンペーパーを20分程度貼り付けて湿布をしてから磨くと落ちやすいということですね。

 

山本 そうですね。最後に私はなかなかできてないんですけどね、日頃からちょっとしたお手入れをすることで年末の大掃除を非常に簡素化できると思うんですよね。

 

VQ はい。キッチンまわりもやっぱり日々のお掃除が大切ということですね。

 

– 2012年はエコに大掃除をしてみる

山本 はい、そうですね。それから、最近は環境問題に配慮して、ナチュラルな掃除術というものが注目されているんですけども。

 

VQ ナチュラルな掃除術ですか。

 

山本 はい。基本のアイテムとしまして、重曹とお酢を使います。

 

VQ 昔からいわれているお掃除方法ですかね。

 

山本 そうですね。重曹はアルカリ性ですので、油ですとか手垢、酸性の汚れを落とす効果があります。最近は重曹水としてホームセンターなどで販売してはいるんですけども、自分で水を解いて使えるように粉末状のものを購入してもらった方がお得だと思いますね。

 

VQ 粉末状のものですね。わかりました。

 

山本 それから逆に今度はお酢なんですが、こちらの方は酸性になります。カルシウム分の塊である水垢ですね。そういうものを落とすのに効果があります。この際にご注意いただきたいのが、塩素系の漂白剤とはあわせて使用しないでください。有毒ガスの方が発生しまして危険ですので、決して一緒に使うことはしないでください。

 

VQ わかりました。お酢は酸性ということで、塩素系の漂白剤とあわせて使わないでくださいということですね。覚えておきたいと思います。

 

山本 でも、よく考えてみると、最近注目といわれてるんですけども、重曹とかお酢とかというのは、本当に昔からいわれてきた知恵袋の内容ですよね。

 

VQ そうですよね。今様々な強力な洗剤なども出ていますけれども、改めて環境のことを考えて、昔から使われている重曹とお酢で大掃除をするというのは今は皆さん注目の掃除の方法ということなんですね。

 

山本 そうですね。最近は忙しさのあまり、出来合いのものを買ったりですとか、効率ばかりを求めてしまいがちですけれども、年末の大掃除を機にエコについて考えてみるのも良いんじゃないでしょうかね。

 

VQ そうですね。ぜひ2012年の大掃除はキレイにするというだけではなくて、環境についても考えながら、昔の掃除方法を見直して取り組んでいただければと思いますね。

 

山本 そうですね。

 

VQ 私も今年はエコに大掃除してみたいと思います。

 

ワクワクスタジオFM。第325回の今日は、株式会社鈴木工務店住宅部第1グループの山本晃伸さんに年末の大掃除についてお話を伺いました。山本さん、ありがとうございました。

 

山本 ありがとうございました。