2012.08.13

ロンドン五輪閉幕~『なでしこ』の名に相応しき宮間キャプテン

あれもこれも担当の千葉です。

 

2週間余りに及んだロンドン・オリンピックが閉幕しました。競泳陣

や女子レスリングの活躍で日本のメダル獲得数も過去最多になり、

日本人の活躍に胸踊り感激を沢山戴きました。

 

事前の多くの期待に応えて結果を出した選手たちはもとより、期待

通りの結果に繋がらなかった選手たちにも惜しみない拍手を送りた

いと思います。オリンピックに出るだけでも想像を超える努力をして

来たのですから、日本中をワクワクさせてくれただけでも大したもの、

堂々と胸を張って下さい。

 

今回のオリンピックで強く感じたのは、団体競技はもちろん個人競技

においても、『チームワーク』や『多くの方々の支え』が、実に大きな

力となっていたことです。多くの人が一つの目標に向かって力を合わ

せた時に、計り知れない力を発揮するのですね。その意味で今度の

オリンピックを通し最も感動したのは、男子背泳ぎで二つのメダルを

獲得した入江選手の、『27人のリレーだと思っている。最後の男子メ

ドレー・リレーの最終泳者がタッチするまで終わらない』というインタ

ビュー・コメントでした。思わず鳥肌が立つほど感動しました。競泳陣

の活躍の源だったような気がします。



もう一つ今回のオリンピックを通じて感じたのは、自分の勝敗に酔い、

自分の歓喜や失意に暮れるだけでなく、対戦相手への敬意と感謝、

思い遣りの出来る選手の素晴らしさです。柔道やレスリング、ボクシ

ングなど、試合が終わった後にしっかりと対戦相手に礼を尽くせる選手

とそうでない選手がいます。日本人でも皆が皆出来たわけではありま

せんでした。そんな中で、なでしこ女子サッカーの宮間選手の試合後

の行動に胸を撃たれました。

 

女子サッカー準決勝、日本VSフランス戦(2-1で日本が勝利)の終了

のホイッスルが鳴り、日本チームの歓喜の輪の中から、キャプテンの

宮間選手が抜け出し、敗戦の失意からピッチに座り込むフランスの

カミーユ・アビリー選手の横に腰を下ろし、暫く会話をしていました。

恐らく慰めお互いの善戦を讃え合ったのでしょう。

 

 



立ち上がり去り際にアビリー選手の頭をなで、更にフランス・チー

ムのスタッフにも握手をしながら仲間の輪の下に戻って行きまし

た。日本がチャンピオンとなった昨年のワールド・カップの決勝戦

の終了の時も、宮間選手は沢選手と共に、敗れたアメリカ選手の

間を声を掛けて回っていました。サッカーの技術や結果よりも、こ

うした配慮の出来る宮間キャプテンにこそ『なでしこ』の名が相応し

いと感じました。

 

多くの感動を与えてくれた数多くの選手たち、スタッフたちに感謝です。

 
2012.08.09

おやじバンド

あれもこれも担当の千葉です。

 

私が所属している奉仕団体の中で、ジャズ好きが集まって自然

発生的に出来たバンドがあります。定期的な練習の他に、メンバー

のお誕生月に一度、元メンバーのお店に押し掛けてお誕生会と称

して食事をしながら気ままにセッション(と呼べるレベルか否かは

別にして)をします。



このバンド、もともとはジャズやポップスを歌う会として6人でスタ

ートしたものが、その奉仕団体の懇親会の出し物としてミュージ

カルに挑戦したことからメンバーが増え、更に、とあるメンバーが

50の手習いならぬ60の手習いで楽器の練習を始めたことに触発

されてバンド結成に至りました。

 

平均年齢が60台半ば。カラオケでスタートしたものが、生演奏バ

ックのボーカルやミュージカルへの挑戦に、そして演奏まで自分

たちでやってしまおうと楽器の練習まで始め、バンド結成までして

しまうこの向上心・チャレンジ精神・遊びごころは、さすが優秀な

企業経営者の方々だなぁと感心し尊敬せずにはいられません。



因みに、このバンド、ジャズ・ポップスの他にクラッシックまで手掛け

ます。

 

私が写っていないって?はい、私はバックコーラスと活動のコーディ

ネート担当です(要するに芸がありません)!



バンド結成の遠因ともなったミュージカルの題名が、往年の名作

『ウェストサイド物語』をもじってメタボ世代の『ウェストサイズ物語』

だったことから、このバンドは、『ザ・ウェストサイズ・バンド』と称して

います。

 

 
2012.08.06

我家の夏の風物詩~梅干

あれもこれも担当の千葉です。

 

我家の庭に梅の木が3本あります。40~50年くらいの樹齢から

すると、老壮青のどれに当たるのでしょうか。年によって実のつき

方は多少異なりますが、毎年かなりの量の実が成ります。

 

息子たちが小学生中学年の頃から梅の実を収穫するのは専ら息子

たちになりました。昨年と今年は大学生の息子にアルバイト料を払っ

て呼び寄せました(親孝行な梅でもあります)。



収穫した梅の実は、青い実のまま漬けられて、梅酢、梅酒、梅ジュース

になる他、はちみつ漬けのおやつにもなり、煮詰められて梅ジャムとなっ

てトーストのお伴にもなります。(収穫後の作業は全て女性陣の活躍に

よります)

 

そして最後には梅雨明け後の晴天が続く時期を見計らって天日に晒し、

梅干と相成ります。今年の出来も上々のようです。



結構働き者の家族と梅の実です。息子たちが忙しくなるため、来年の梅の

実採りの役割が今から私に回ってきました。

 
2012.08.01

楽寿の森ビアガーデン

あれもこれも担当の千葉です。

 

いよいよ八月に入りました。連日暑い日が続きます。

オリンピックも始まってこちらも熱い戦いが続いています。

 

夏の風物詩の一つにビアガーデンがあります。今日は素敵な

ビアガーデンのお知らせです。

 

先日、商工会議所の関係で食事会がありました。今回は戸外。

それも緑が目に涼やかなビアガーデンです。場所は三島駅南口

から道向いの楽寿園(駅前口)。通勤の方々にはお仕事帰りに

絶好のロケーションですね。

 



楽寿園の駅前口の入り口のスペースを使い、一番町商店振興会が

ひと肌脱いで夏季限定のビアガーデンを始めてくれました。その名も

『楽寿の森ビアガーデン』。森の樹木のお陰か、予想以上に涼やかな

上に心配した蚊の害もなく、とても贅沢な気分を味わえ、楽しいひと時

を過ごすことができました。これもスペースを提供してくれた三島市と、

短い期間で準備にご苦労された一番町商店振興会の方々の、少しで

も三島の街を活気付けようという熱い想いの賜物です。関わられた多

くの方々に感謝すると共に敬意を捧げます。



営業は、7月18日(水)~8月18日(土)の間の水曜日から土曜日まで

の18:00~21:00(ラストオーダーは20:30)。すぐ上の写真のよう

にまだ明るい中で始まり(18:10頃)、楽しい会話が弾みすぐに下の写

真のような宵の風景に(19:30頃)。

 

オープン以来連日の人気で、この日もオープン直後から入り口で順番

を待つ人が絶えず、ラストオーダーまであと30分となってもまだ10人程

の列。この日の食事会は予定を繰上げてお開きにして席を譲ることと

なりました。

2012.07.30

沼津夏祭りの花火~縁の下の力持ちに感謝

あれもこれも担当の千葉です。

 

日本各地で花火大会が催されています。

先週末は沼津夏祭りにお呼ばれして来ました。



狩野川沿い、御成橋のたもと、打上所のすぐ近くという贅沢な

ロケーションで観覧させて戴いた花火は、真上を見上げる程

近くで迫力ありました。



フェイスブックで友人が、翌朝早くには会場となった町並みが

すっかり綺麗に清掃されごみ一つなかったと報告していました。

また別のfb友達がボランティアでゴミ拾いに出掛けたと言ってま

した。

見る側は限られた時間に楽しませて貰っただけでしたが、その陰

には、企画、準備、運営、後片付けと、とても多くの目に見えない

献身的な働きがあってこそだったのですね。

 

沼津の夏祭りは年々人出が多くなっているような気がしますが、

いかがでしょう?そうだとすると、こうした縁の下の力持ち達の

お陰なのですね。



先週末は沼津だけでなく、静岡の安倍川も花火大会、

お江戸は隅田川も花火大会だったようです。

 

いよいよ夏、本番です。皆様どうかご自愛下さい。

 
2012.07.30

構造体感会 ご来場ありがとうございました。

営業の花崎&情野です。

 

7月28日(土)、29日(日)に函南町塚本で構造体感会を開催しました。

暑い中、たくさんの方にご来場いただき、

ありがとうございました。



ご来場いただいた方からは、

『建物の中って意外と涼しいね』とのお声も。

弊社の住まいを体感していただけて、良かったです。

当会場は、ご希望があればいつでもご案内できます。

お気軽にお問い合わせ下さい。

 
2012.07.27

拙宅の家づくり 4(性能編)

とある営業担当です。

 

全国高校野球選手権静岡大会もいよいよ大詰め!

今年は投手戦の試合が多かったような気がしますが、さて決勝戦は??

私のひいきにしている高校は、準々決勝で負けてしまいましたが、

新チームですでに練習試合だそうです。ガンバレ高校球児!!

 

さて、、

現場は少しずつしか進んでないように見えるのですが、大事な部分の工事に入っています。

白蟻対策の防蟻(ぼうぎ)工事、

サッシ(窓)や玄関ドアの取付け、

外壁や屋根・ベランダの防水、

天井裏や壁の電気配線 ナドナド・・

 



現場での打合せをしながら進んでいきます。

望月さんと川口さん、宜しくお願いします。

 



たまには家族も一緒に。

でも、工事現場ってチビ達には危険すぎて、目が離せません。

 

今回、拙宅では制振工法を採用しました。

と言うのも、立地の地盤状況が『ん~・・』な地域なのです。

地域の震度や地震加速度の予想、液状化の予想ナドナド、見れば見るほど残念・・

なので地域特性上、必要だと判断しました。(詳細な説明は見学会で!!)



水で発泡する断熱材です。

発泡系の断熱材では、この『シーレクション500』が木の家に合います。

弊社では外側断熱が標準ですが、私の身勝手なプランには合いませんでした。

(詳細な説明になるのでカットします。すみません。)

 

断熱材の種類って色々あります。

よくグラスウールの断熱材が悪者にされる事が多いのですが、

グラスウールだってちゃんとした断熱性能があります。

(つまり、施工の良し悪しです。)

弊社ではどんな断熱材を採用しても、省エネルギー等級は最上級の住まいです。

 

そろそろ、エクステリア(外構)やカーテン選びをする頃になってきました。

楽しい反面、ちょっと大変というのが正直な気持ちです。

 

7月28日(土)29日(日)に工事途中の見学会があります。

よかったら、拙宅を覗きに来て下さい。

 
2012.07.25

浅草は駒形どぜうで介護福祉のお勉強

あれもこれも担当の千葉です。

 

先日今年度私が代表幹事をしている団体、静岡経済同友会(東部協議会)

の納涼家族例会がありました。会員同士の交流と、日ごろ内助の功で

我々を支えてくれる家族への感謝を込めた毎年恒例の企画です。今年

は話題のスカイツリーと高齢者介護の勉強とで浅草に行って来ました。

 

お昼は駒形どぜう。

 



創業211年のドジョウ専門店。建物は昭和37年に建て直したものだそう

ですが、昭和初期以前の日本家屋建築をかなり忠実に造り込んであり、

興味深い建物です。ドジョウが貧しい時代には貴重な蛋白源だったという

ことは小説やドラマで知っていますが、やはり癖のある食材のため決して

ポピュラーな食べ物とは思われないのに、いまだに繁盛店として存続して

いるのは、さすがお江戸という大消費地と、癖や泥臭さを感じさせない料理

のレベルの高さ故でしょうか。私は20年振りくらいでしたが、シンプルな

どぜう鍋、変わらず美味しかったです。



食事の後は駒形どぜうさんの二階をそのままお借りして即席の高座を

作り、女流講談師田辺鶴瑛氏母娘をお招きして、実母、義母、義父と三

人の実際の介護の経験を通して学ばれたことを講談としてお話し戴きま

した。

 

 







介護保険法の改正で、ここに来て国の高齢者介護の方向性の転換が

はっきりして来ました。施設での介護よりも、出来る限り自宅での医療・

介護を目指そうというものです。娘であり、妻であり、母であり、職業人

でもある超多忙な生活の中での介護は親子といっても、否、親子だか

らこそ、想像を超えるご苦労があったはずです。鶴瑛師匠はそんな介

護経験の中で、気持ちの上で『苦』を『楽』にする知恵、介護を日々の

『学びの場』と変える知恵を養われました。今後益々自宅介護が必要

とされる時代に、まさにタイムリーなお話でした。

 

浅草探訪の続きはまた次回にでも。











2012.07.23

家庭菜園

こんにちは。

営業の加藤です。

 

梅雨が明けて、毎日暑い日が続きますね・・・(^-^;)

 

 

さて、我が家では今、家庭菜園をやっています。

 

 

今、育てているのは・・・

 トマト    なす

 栗かぼちゃ

 落花生    いんげん



↑きゅうり おくら パプリカ 赤唐辛子 枝豆

 とうもろこし

他にも、里芋・さつまいも等やっています。

 

中でも今年特に力を入れて作っていますのが、



大玉すいかです(⌒-⌒)

 

カラスに食べられないよう柵をして万全の状態で育てていましたが、さすがカラス!!

 

端のほうにあるのを2・3個食べられてしまいました・・・( ̄□ ̄;)!!

 

それでも何個か収穫でき、



食べてみると、意外と甘く大成功ヽ(^◇^*)/
来年も作ってみようと思いました。

 

ここ何年か家庭菜園が流行っていますが、マンションなどに住んでいる方でも、プランターでいろいろ作れますので、
今の時期はあまり育てるものがありませんが、秋になったら是非やってみたらいかがでしょうか(⌒-⌒)

 
2012.07.22

映画『ふるさとがえり』

あれもこれも担当の千葉です。

 

映画『ふるさとがえり』を三島市民文化会館(ゆうゆうホール)で

見てきました。もともとは五つの市町村が合併した岐阜県恵那市

の活性化のために企画され創られたそうです。そのため映画の

舞台は恵那。市民5万6千人が参加したと聞きました。美しい自然

と昔ながらの建物も素敵です。三島在住の方で、林弘樹監督の

友人でもある方が中心となって三島での上映会を実現させました。

 

少年時代を恵那で過ごした主人公が東京での夢を一旦諦めて

地元に戻って来ます。少年時代のままに自分たちの故郷を守ろ

うと奮闘する仲間との確執と和解、そして再び夢を叶えるために

東京へ。その夢は故郷での経験を通して一回りスケールが大き

くなっていました。あまり詳しく書くと楽しみが減ってしまいますの

で大どんでん返しはとって置くとして、とても大切なことを考えさ

せ気付かされる映画で、涙が流れて仕方ありませんでした。



映画の中での台詞『故郷は選べるものではなく、故郷に自分は

選ばれるものだ』という言葉にはハッとしました。故郷はいつもそ

こにあり迎えて包んでくれるけど、その故郷を命懸けで守ってい

る人たちが沢山いることにも感銘しました。結局、故郷というのは、

土地や風景など自然そのものというよりも、家族や友人、仲間で

あり、その家族や仲間たちとの思い出なのだなと思いました。

その意味で、この映画が、被災地の多くの人々へのエールと

なっているのも頷けます。

 

上映の後に林監督が舞台挨拶で、この映画には未来を創ると

いう想いと仕掛けがちりばめられており、見る度に見方が変わ

るということを仰っておられました。また機会があれば見てみた

いものです。