ナチュラル
木のぬくもりを感じるマンションリフォーム
奥様の祖父が暮らしていたマンションをリフォームして東京都からの移住計画です。
マンションの無機質な感じが嫌いで、気のぬくもりを感じられるリフォームをしたいという事で計画がスタートしました。
分譲マンションという事もあり、一定の遮音性が求められる中で対応する無垢フローリングを探しました。
パインの無垢材のため冬でも裸足で過ごせます。

その他
明るく開放的なマンション【フルリフォーム】
明るく白を貴重としたマンションフルリフォームです。

和室を無くして対面キッチンとした広々なLDKの開放的な空間としました。

また、間接照明等デザイン的にも配慮しました。

その他
築30年の住まいをフルリフォーム
床暖房、サッシのペアガラス化、内窓設置により寒さを解消

玄関正面の階段をストリップ階段に付け替え、かつ玄関脇にシューズクロークを設ける事により玄関の狭さ、暗さを解消

ダイニングを小上がりの茶の間とする事によりメリハリのついた使用方法をご提案

シンプルモダン
シンプルモダンな広々リビング リフォーム
リビングと続間の和室を1つの部屋として

広々なリビングとしました。

又、ダイニングキッチンともつながり広々と開放的なLDKとなりました。

シンプルモダン
防犯性を高めつつ、開放感も得られたリフォーム
防犯性の高い採風タイプの玄関ドア、ベランダにはウッドデッキを敷いて屋内外の一体感を醸成。シャッターは電動としました。寝室の壁には消臭・調湿効果の高いエコカラットを採用しました。

《お客様のご要望》

・マンションから戸建ての実家への転居のため、安全面を強化したい  ・マンションでは閉鎖的だったリビングを開放感溢れるリビングにしたい  ・外からの視線は遮断したい

 

《弊社のご提案》

建物全体の窓の見直しをするなかで、隣家に隣接する窓の大きさを変更し、電動シャッターや格子、プライバシースクリーンの設置をご提案しました。 リビングの建具はデザインを統一し、一体感のある空間を実現しました。

和テイスト
大正時代が令和に甦ったすてきなリフォーム
準防火地域(建物密集地)でのリフォームです。大正時代から続く旧店舗の土間を活かして、陶芸や蕎麦打ちなど趣味のスペースとして使える広い玄関ホールとしました。 障子を開けると土間と一続きになる広々としたリビングとなり、さらに実用の場が広がります。

《お客様のご要望》

・以前商店を営んでいた建物(主に店舗部分)を住宅としてリフォームしたい  ・旧店舗部分は趣味や知人、友人とのコミュニケーションの場所としたい

 

《弊社のご提案》

古い欄間や障子を再利用して、インテリアデザインの一部としました  外観は建物密集地である周りの環境の雰囲気に溶け込むよう、町家をイメージしたデザインをご提案しました。

趣味・ペット
アジアンリゾートな趣でフルリフォーム
オリジナルデザインのガラス戸や、本物の竹を使って掘り込み天井とした広々としたリビング。リビングのシンボルである壁に取り付けられた石のレリーフは、バリ島で調達しました。

《お客様のご要望》

・所有マンション(テナントビル)の2部屋をつないで狭さを解消したい  ・バリ風のリフォームでなく『バリ』そのものを造りたい  ・インテリアから調度品まで、デザインにこだわりたい

《弊社のご提案》

キープランはすぐに決まりました。インテリアデザインの決定に半年を費やし、ホテル専門誌を参考に、伊豆に実際にあるホテルにもお客様と同行見学しました。  最終的には本物を体感されたいとのご要望もあり、実際にバリ島へ同行してデザインの勉強をし、材料の現地調達もしてきました。

和テイスト
バリアフリーの和モダン空間
お施主様の代々受け継がれてきた家と、その想いを真摯に受け止め、移築前からこの家を支えている300年前の構造材を残しつつ、現在そして将来のライフスタイルまで見据えたバリアフリーの和モダン空間をご提案いたしました。旅館の渡り廊下をイメージした広縁。将来子育てを終えたご夫婦がそこでお茶を楽しむシーンも考えて設計しました。

 



カテゴリー
戸建リフォーム


お施主様
伊豆の国市 T様


工 期
3.5か月


築年数
築47年


リフォーム内容
耐震補強。外壁、下屋、樋。1階は構造柱と梁のみ残しつつ、フルリノベーション。2階は内装のクロスを張り替え、バルコニーも一新。暗く圧迫感のあった玄関ホールは、視線が抜けて開放感あふれるスペースに大変身。ステンドグラスが彩りを添える。昔ながらの田の字型の室内を間仕切りのないLDKに。キッチンからは常に家族の顔が見え、コミュニケーションが取りやすくなった。足触りのいい床は無垢のナラ材。家族に背を向けながら料理していたキッチンを対面キッチンに。子供たちも積極的にお手伝いしてくれるようになった。


お施主様のご希望
47年前に移築した家を建替えるつもりでしたが、図面ができて工事の準備や詳細な打合せに入る直前になってリフォームに変更したいと申し出ました。代々受け継がれてきた家を本当に壊していいのか、ずっと悶々としていました。耐震補強を第一に、どこにいても家族の様子が見える開放的なLDK、親戚や友人たちが集まってきやすいような間取りにしてほしいと伝えました。新築よりも愛着が湧いてくる300年の想いを受け継ぐ家を建てたい。